三宮の南インド料理「マドラスキッチン」

丁度、会社でアジアネタをイニシャルH氏としていた時に、インド料理の話になったわけ。
普段、インド料理として食べている・・ナンとカレーとかのあれね、これは北インド料理なのね。
で、何でだか南インド料理の店って少ないよね~なんて話をしていた。

で、神戸南京町で中秋節をやっていることもあって、神戸の南インド料理を食べに行くことにした。
神戸といえばインドですからなあ~(印僑在住日本一だったっけ?)
少し歩くだけで、インド料理の店はいくつも目につくんだけど、これみんな北インド料理。

そんな中、インド人からも注目を集めている店が、
「MADRAS KITCHEN」だ。

店に南インドのスーパースター、ラジニカーントの写真があるから嬉しい。あの「ムトゥ踊るマハラジャ」の主役だね。

北インド料理も食べることができるが、ここは南インド料理に挑戦だ。
大きく違うのは、お豆さんをはじめ野菜メインだというところ。

MADRAS KITCHENMADRAS KITCHEN最初にタージマハールビールをもらおうかな。
サービスに、おつまみとして豆の揚げたものを出してくれた。
ポリポリ・・・と、つい手が伸びてしまう。

さて、Jr.はドサ(写真左)にする。
気さくなインド人スタッフがすすめてくれたのは、その中のマサラドサ(980円)だ。
ドサとは、豆と米で作ったクレープで、パリパリした感じ。
皿の上に大きな三角形を描いての登場だ。マサラドサはその中に、ポテトのカレー炒めが入ってるのね。
なすびがたっぷり入ったカレースープにつけてもよし、2種類のソースにつけてもよし。

平日のランチメニューは北インド料理になるし、しかも週末はこのランチがない。
「デモ、言ッテクダサイ。作リマスカラ。」とかなり柔軟な対応。
でも、これにしちゃうと北インド料理になっちゃうから、南インド料理のセットにしてもらうことにした。
で、出てきたのが冒頭の写真。

ナンではなく、チャパティだ。
カレーはトマトベースのスープっぽいものと、なすびの入った少しスパイスの効いたカレー。
「ライスヲ二ツニ割ッテ、食ベ比ベテミテクダサイ。」
ごめんなさい、何回もライスおかわりしちゃった。だって、すすめてくれるんだもの。っていうか、カレーまでお替りしちゃったぞ。

もう一つのカレーは炒め物で、これはチャパティと一緒に食べる。

MADRAS KITCHEN色々と気を遣ってくれて、色んなスパイスを出してくれたり、南インドの話をしてくれたり・・・

あーお腹がパンパンだ・・・く、苦しい。
でも、野菜たっぷりでヘルシー志向だからいいですなあ。

最後、デザートがドーナツだった。
パッと見、木の実かなと思ったんだけど。これがね、温かい食べ物なのね。で、激甘
甘いの得意じゃないでしょ?口に入れた瞬間にチキン肌で、同時に「うおっひょー」と思わず声に出るくらい甘いんだから。
・・・ただ、不思議なことにあんまり後引かないのね。

また来て、色んなものを食べてみたいなあ。興味のある人は是非行ってみて。美味しいよ。
気さくなスタッフも楽しくていいしね。

MADRAS KITCHEN■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:MADRAS KITCHEN
場所:神戸市中央区中山手通2-20-9 河本ビル1F
電話:078-222-2502
営業:11:00~14:30、17:30~22:30

by nonbe-cclass | 2007-09-23 23:37 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の焼肉「五色亭」(2) 石橋のかしわ処「滋久」(2) >>