福岡の居酒屋「助六」

イニシャルM氏とC級呑兵衛は、今回仕事で同伴のイニシャルO氏と共に、
夜、広告代理店のイニシャルS氏と合流し、4人でイニシャルS氏おすすめの居酒屋に向かうことになった。

「助六」だ。

「魚が美味しい店」とか「鶏が美味しい店」とかはあるんだけど、「鶏も魚も豚も美味い」という、素材にこだわる店だから凄い。
鶏は都城産の地頭鶏(じどっこ)、魚は壱岐から直送、豚は南洲農場の鹿児島黒豚だそうだ。

助六助六お魚刺身盛り合わせ(1800円)には鯛、いか、サンマ等が長皿に盛られて出てくる。
脂ものってるし、このシコシコとした歯ごたえが、どんどんと箸を進めてしまう。

地鶏(地頭鶏)刺し(980円)がまた素晴らしい。
しっかりとした食感と甘味が絶妙。これは価値あるわ。

助六助六でもね、ここ魚や鶏だけじゃなくて出てくるものみんな美味いんだよね。
助六オリジナルゴボウ唐揚げ(550円)なんて、太い牛蒡なのにすんごく柔らかいわけ。

あとね、おかわりしちゃったくらい美味かったのがハトシ(850円)。
これはパンに魚の練り物をはさんで揚げたもので、この中の柔らかさとパンのサクッとした香ばしさと歯ざわりのコラボがなんともいえない。

助六途中から名物おかあちゃんとでも言うのかな、まあ元気で、博多弁でよくしゃべるがばいばあちゃんが登場だ。
気さくどころか、土足で踏み込み過ぎというくらいパワフルトーク炸裂で、周りを圧倒する。
「雑炊うまそ~。」と小声で言っても、「うまかよ~。」ボリューム大で返りがある。

でも、そんな感じながらも気を遣ってるのは分かるし、やさしいばあちゃんだなというのもすぐ分かる。
だからこそ、客との会話が弾むわけだ。
帰りも、わざわざ店の外まで「一緒に行くばい」と、人懐っこさもみせながら、「また来んしゃい」と見送ってくれた。

助六本筋とは全然別の話なんだけど、サントリーの天然水って、場所によって違うんだっけ?
何の気なしにパッケージ見たら、天然水の下に「阿蘇」ってあるから。
ご当地バージョンなのかな。

あ、これ焼酎「黒霧島」呑むときに一応、出してもらった水。
全員ロックだったから開けなかったんだけどね。

助六■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:助六
場所:福岡市中央区渡辺通5-25-16
電話:092-731-6122
営業:12:00~14:00(L.O.13:30)、17:00~23:00(L.O.22:30) 日休

by nonbe-cclass | 2007-09-04 23:45 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 博多のラーメン「一蘭」 福岡の「秀ちゃんラーメン」 >>