新橋の中国ラーメン「揚州商人」

東京出張で、昼を食べようと新橋に出た。
なんかなあ、気分的には麺がいいなあ・・・この暑さだけにがっつりというノリでもないし。

なんとなしに歩いていると、交差点の角に独特の店構えを発見。
「麺は麺なんだけど、この激暑に熱いラーメン耐えられるかなあ・・・」
そう思いながらも、店の2Fから垂れ下がる垂れ幕に大きく書かれた「夏のおすすめトマ玉ラーメン」が気になっていた。

店の一番奥カウンターに案内され、やっぱりトマ玉ラーメン(西紅柿蛋麺)780円に決めた。
あまり劇的にお腹が空いているわけではなかったが、メニューを見ていると餃子も食べたくなった。
「まあ一皿3個ならいけるか」と考えたが、「御飯とセットかあ。ま、食べよ」と注文した。

おっと、ラーメンのボリュームが結構あるじゃあないかあー。
餃子3個はクリアしても御飯がやばいかも・・・

「失礼します餃子です。」
までは良かった。が次の台詞、
「ちょっと失敗しちゃったんで、後ほどお持ちしますので・・・。」

パッと見分かりにくかったんだけど、
恐らく焼いている間に皮が破れちゃったんだろうね。でも、次まで時間がかかるから待たせることなく、先にこれをサービスとして食べてもらって、後でちゃんとしたものを出そうという配慮だろうね。

普通なら「ラッキー」だろうね。ま、半分はそう思ったから。
しかし、餃子が早くも倍か・・・

まま、ボリュームの話はこれくらいにして、
このトマ玉ラーメン、いい感じ。表面にふわふわっとした玉子が敷き詰められ、その間からいくつかのトマトが顔を覗かせている。食感としては、レタスが入っており、このラーメンとの相性がいい。
トムヤンクンじゃないけど、すい辛い、でも後味すっきりというのがいい。トマトを口に放り込んだ時にジュワっとすい味が広がる。
スープに味わいがあって、飲みだすとずっとスープを飲んでしまう。

餃子も美味しくいただいたが、残る白米は、ラーメンを食べた後に残ったスープ、この中に入れてリゾット風にして食べる。これおすすめ。

揚州商人■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:揚州商人 新橋店
場所:東京都港区新橋4-10-1 SB新橋ビル
電話:03-5473-0775
営業:11:00~4:00 無休

by nonbe-cclass | 2007-08-21 23:32 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ブログで日給5万円を稼ぐ! at 2007-09-17 18:28
タイトル : 喜多方ラーメン
父「働かなくても飯は美味いか?」 コーエン兄弟「美味いよ。」 父「いい加減、仕事してくれ。」 コーエン兄弟「うん。」 何も言わずに家出してみました。 コーエン兄弟です。 喜多方ラーメンといえば、 札幌ラーメン、博多ラーメンと並ぶ 日本の3大ラーメ.. ... more

<< 500系にN700系 難波パークスの「KUA'... >>