絹延橋の焼肉「とりじゅう」

「とりじゅう」
名前は焼鳥屋さんみたいだけど、ここらあたりではかなりブイブイいわせている有名焼肉店だ。
随分と前から行きたいとは思っていたけど、ちょっと高いかなあ・・・と弱腰になっていた

ここは絶対予約だね。
予約の段階で、早く無くなりそうなものを先におとりおきする客もあるようで、飛込みで行ってもネタなかったりして(笑)
この間の週末に行ったんだけど、予約なしの人は待っても品切れするかもしれないから、と待つこともできないようだった。

ま、まずは生レバ(800円)からいきましょか。
もービジュアルからして驚くよなあ。
独特の風味が気になるこのレバを角切りに、しかもでっかく切っちゃって。
e0173645_17293315.jpg

ところが、いくら噛んでも臭みが全く出てこないんだよね。
この食感にこの甘みは絶品!
「とりじゅう」のホームページをみると、「牛を割ってから必ず3日以内にだす」んだそうだ。こだわってるねえ。
とにかく、良妻が他の客のことは考えず、お替りしていた。

そして塩タン(1200円)に上ハラミ(1200円)。
塩タンはレモンもしくは梅肉タレでさっぱりと。
それにしても、このタンベローン(タンだけに)と大きくて長いなあ。はさみで切って食べちゃった。
この歯ごたえよろしいですなあ。美味い。
e0173645_17294811.jpg
e0173645_17295456.jpg

好物のハラミはやっぱり美味い。しかもこのボリューム、食べ応えあるねえ。肉の旨みがジューっと口いっぱいに広がる。このハラミは「サガリ」(牛の横隔膜の内側の肉)という部分だそうで、特に美味しい部分だそうだ。

あとは上バラ(1,300円)にツラミ。そして上ロース(1,600円)。
e0173645_17304364.jpg
e0173645_1730509.jpg

このロースちゃんをみてよ。
美味くないわけないでしょー。
ツラミも柔らかくて嬉しいね~
e0173645_1731101.jpg

おっと、いつの間にか店内は満席で慌しくなってる。

最後シメに・・・今日は冷麺(800円)にしてみた。
これがね、めっさ美味いのよ。この冷たいスープも、普通は水くさいもんなんだけど、味にコクと深みがあってサイコー。
e0173645_1731262.jpg

スープでいくと、クッパもそうなんだよな。
シンプルなんだけど、この味わい・・・ん~思わずうなってしまう。
e0173645_17313670.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とりじゅう
場所:川西市美園町12-7
電話:072-757-6153
営業:17:00~22:00 月休

by nonbe-cclass | 2007-07-04 00:55 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyun at 2007-07-06 17:25 x
へー行って見たいですね!
予約ですね。了解です。
Commented by モモチン at 2007-07-07 01:07 x
「絹延橋」周辺には、最近行ってないです!!
ぜひ寄ってみたいです!!
「絹延橋」といえば、昔、昔、五月丘からわざわざ能勢電の600系という古い電車を見に友人と出かけたものです!!
今では、能勢電も冷房100パーセントですが、20年くらい昔には、窓を全開にして、山の中を走るというイメージが強かったんですが。。。
先日、川西能勢口駅から妙見口駅まで能勢電を利用いたしましたが、クーラーも利いていて、とても快適でした!!
皆様も「能勢妙見山1dayチケット」でお出かけされてみてはいかがでしょうか?
Commented by C級呑兵衛 at 2007-07-08 08:34 x
gosyunさん、こんにちは!
かなりクオリティの高いお肉が楽しめるので是非!
Commented by C級呑兵衛 at 2007-07-08 10:17 x
モモチンさん、こんにちは!
能勢電もいい味出してますよね。600系ときましたか。
平野ではなく「絹延橋に」というところからすると、かつての「絹延橋車庫」に足を運んでいたとか?

僕は能勢電というと、国鉄川西とを結んでいた時に活躍していたかわいい51・61形が印象的ですね。小さな頃に見た記憶がありますよ。

<< 銀座の居酒屋「権八」 明石の寿司「出島」 >>