新世界の居酒屋「京屋」

新世界も随分と観光地化してきて、垢抜けした店もちらほら目にするようになってきた。
そんな中でも、ディープ新世界のドープな空間は健在だ。

ちょっとした時間だけでも・・・と、青い暖簾をくぐる。
ジャンジャン横丁にある立呑処「京屋」だ。

横丁内でもドープさはぴかいちで、C級呑兵衛も少し様子を伺ってから入ちゃった。

店奥に場所をとる。店はおかあさんが一人切り盛りしている。
客は他に一人だけだったが常連客のようで、おかあさんと会話を続けていた。
頭上のテレビがチャカチャカと騒がしい。

壁にかかるメニューとガラスケースの食材とがどう連携するしているのか悩んだが、タイミングを見計らってとりあえず瓶ビールだけは頼んだ。

kyouya2.jpg・・・とにかくケースに豆腐は確認できた。よし、冷奴にしてみるか。
「すんません、冷奴。」

すると半丁ほどの豆腐にネギがかかって出てきた。
暑くなってきたし、そろそろヤッコさんの季節だ。よく冷えた豆腐が喉を気持ちよく通り過ぎる。

「あとね、焼鳥とずりちょうだい。」
焼き魚も美味そうだったが、あまり切り身が大きくてまた酒を呑むという流れも困るので、焼鳥を選んだ。粒が大きくていいねえ。1本100円。

ささ、ビールを1本空けたら店を出るぞ。
「え?740円?」

本当のちょい呑みだ。

kyouya3.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑処 京屋
場所:大阪市浪速区恵美須東
電話:06-6644-1589

by nonbe-cclass | 2007-06-11 22:37 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うっかり奉行 at 2007-06-23 12:05 x
新世界は、小生も15~20年位前は週末場外馬券場の
帰りに必ず立ち酔った?清酒運(青春)の場所でした
知り合いからは「変なもん食わすんとチャウ?」とよく言われましたが。当時は変なもん食わすと忽ち店が
無くなる場所でした。
周門町で呑むより心も財布も幸せでした。
因みに、串かつは「八重勝」より隣の「てんぐ」の方が旨カツた記憶があります。
Commented by C級呑兵衛 at 2007-06-24 14:11 x
うっかり奉行さん、こんにちは!
良き思い出の味が、今も継承されているといいですよね。年季の入った店構えは、今日もあの場所にあります・・・

<< 新世界の居酒屋「酒の穴」 桜川の韓国料理「オール・イン」 >>