中央区の広東料理「燦花」

堺筋本町で仕事を終えた後、
D社イニシャルN氏曰く、「ちょっとこの後行きませんか?」

そう誘われて、同社のイニシャルS氏、イニシャルT氏と我社のイニシャルO氏の4人は、テクテクと歩き出した。
イニシャルN氏が事前に店を調べていたようで、プリントアウトした地図を見ながら一行を誘導するのだった。

・・・が、行き過ぎてかつ店見つからず、おかげに雨降ってくるわの始末。
あまり、ウロウロも出来なくなってきた状態で、イニシャルN氏はそばにあった中華料理の店を目にした。

「あっ、トウカがある!」と言葉を発して向かった先は、広東料理の「燦花(さんか)」だった。
ちょっとお洒落なダイニング中華の店だ。

sanka2.jpgsanka3.jpg最初に冷菜を盛り合わせてもらう。ん~中華料理らしい彩りと盛り付け。
「鉄鍋餃子」(5本500円)は焼き餃子なんだけど、ニラの味がよくきいて「おーうまい」と思わず声に出してしまう。

イニシャルO氏のリクエストもあって、紹興酒がボトルで出る。
久々に呑むけど、やっぱり美味いね~グビグビいってしまう。これは、熱くせず常温ストレートで飲呑む。
1本はすぐ空いた気がするんだけど・・・「2本目持ってきて。」

sanka4.jpgsanka5.jpgメニューをみると、「広東料理は点心」というだけあり、点心が充実。小龍包あたりも美味しいぞ。

・・・が、「ん?」
名物と書きながら四川料理ラインナップが目立つ。
「四川陳麻婆豆腐・辛口」(1000円)がいいねえ。もともと辛いのは嫌いじゃないからね。単に辛(から)いだけなら辛(つら)いけど、これは味に深みがあって旨みある一品。

甘いものがいける人は、「翡翠胡麻団子」(130円)はいかが。
コロンと皿に乗った翡翠色の球体が見た目にもきれいだ。

閉店時間まで居座って、店内が静かになるまで席を立たなかったね。
美味い料理にオモロイ話、酒は楽しくいかないと。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:煌彩酒家 燦花
場所:大阪市中央区博労町3-2-15
電話:06-4704-6066
営業:11:30~15:00、17:00~23:30 日休

by nonbe-cclass | 2007-06-08 23:25 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 北堀江の居酒屋「椿」 阿波座の居酒屋「万次郎」 >>