讃岐うどんツアー~谷川米穀店・山越・たむら・なかむら

先週の金曜日、C級呑兵衛ファミリーは一路、香川を目指した。
Jr.が学校行事の都合上休みになったので、これを利用して、一泊讃岐うどんツアーを敢行しようという恒例の目論見だ。

「この間、日帰りで行ってきたとこじゃん。」
というセリフは我家にはない。

「この間は、ゴールデンウィークで人が多く、回りきれなかったから消化不良よね~も一回行く?」

朝8:30までには石橋を出た。
今回は平日ということもあり、いい店を効率よく回りたいところだ。
本当は坂出・善通寺エリアを集中的にと思っていたんだけど、早く四国に入れたので予定を変更することにした。

1軒目は、前々回に行ったのに食べることが出来ず、辛酸をなめた「谷川米穀店」だ。
今回は列もしれてるし、車も駐車場内に普通に止めることができた。
e0173645_15421872.jpg

坂を下りたところにある一軒家で、店の看板もない。
カウンターで「冷たいの大(2玉で210円)。」
暫くすると、麺の入ったどんぶりを渡される。ネギや醤油などは各テーブルにおいてあるので好みで入れる。
唐辛子の薬味は柚子胡椒をイメージさせる風味と辛さ。これを少しだけ入れて醤油をかける。
e0173645_1542724.jpg

あー、これは程よい柔らかさ。言うに及ばずコシはしっかりとあるんだけど、「コシあります!」という主張の麺じゃなくて、スルスルっと喉に入る食感の中に光るものがあるって感じ。
e0173645_15423251.jpg

しまった、みんな結構「小」を頼んでるのね。これは「冷たい」「ぬくい」を両方食べるためなのだ。
良妻と相談し、結局さらにおかわりで「ぬくい小」をおかわりしてしまった。一発目からハードルをあげてしまった・・・
でも、行く人は両方食べてみて。

次に向かったのが、こちらも超有名「山越」だ。

ここでは「釜玉うどん(150円)」を頼む。
釜からあがった麺がすぐに器に入り、ネギと玉子を落とした状態で渡される。
すぐ横にはトッピングの天ぷらなどが並ぶので好きなものをチョイス。
ちくわ天をのせてみた。
ここにかけつゆをかけて、店横の庭園風広場に向かう。ここでみんな、適当に腰をかけてうどんをすするわけ。
e0173645_15444899.jpg
e0173645_15445437.jpg

讃岐うどんツアーで実は釜玉食べるのは初めて。これ、美味いねー。釜揚げされた麺の柔らかさに玉子が絶妙!それでもこのコシかあ。いやあ脱帽。
e0173645_1545139.jpg


3軒目は「たむら」。道路沿いなんだけど、パッと見、うどんが食べられるとは思わない構えだ。
e0173645_15463032.jpg

閉店時間ぎりぎりだったから、
「ひょっとしたらダシなくなって、しょうゆにしてもらわんとあかんかも。」と言われたが、ギリギリセーフ。
ここでは「大」か「小」だけ伝える。すると、ここも麺の入ったどんぶりを渡される。ただ、ここから先、湯通しするところからはセルフだ。
e0173645_154640100.jpg

さっと温める感じで、麺を湯につける。もう1回、器に戻しネギと生姜をまぶして、その上から温かいダシをかける。麺もいいんだけどダシがおいしー。
e0173645_15464783.jpg

今日最後は、「なかむら」
何でもセルフの走り的存在で、ネギがなければ「裏からとってきて」が有名だそうな。最近はないらしいし、行ったときもそんなことはなかったけど、店内中央には、玉子などのトッピングと並んでネギ。但し、その横にはまな板と包丁があった。
e0173645_1549242.jpg

店の横には川があって、この沿いの道路から来る場合は、こいのぼりが上がっているのでこれが目印だね。
ここもあぶなくって、もう少し時間が遅かったら、麺が切れるところだった。
e0173645_15485998.jpg

ここでは、麺だけもらって、しょうゆをかけて食べることにした。
外に座るところが用意されているので、のーんびりした雰囲気でうどんをほおばる。
e0173645_15502688.jpg

これだけ、連続でうどんを食べてるんだけど、やっぱり店ごとの個性あるよなあ。
飽きないわー。

by nonbe-cclass | 2007-05-18 22:14 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 讃岐うどんツアー~山下うどん・... 築地の天婦羅「黒川」 >>