恒例の讃岐うどん日帰りツアー~

ゴールデンウィーク中、またやってしまった。
我家の恒例行き当たりばったり企画、讃岐うどん日帰りツアーだ。

ゴールデンウィークだって分かっているのに我ながら勇気あるよなあ。
8:30に石橋を出発する。
いつもなら、淡路島経由で四国に入るんだけど、今回のターゲットは坂出・善通寺方面なので、瀬戸大橋経由で四国に入る。

今回のメインターゲットは、一度は行ってみたかった「日の出製麺所」だ。
ここは営業時間が昼間1時間(11:30~12:30)しかない。一応、インターネットで調べると、12:30の段階で並んでいれば食べることが出来るとあったので、これを信じて現地に向かった。
11:00、現地に到着したが既にモーレツな行列になっていた。店の外には数人、車と人の誘導係もいる程だ。
まあ、きっちり2時間待たせていただいたね。
e0173645_15571328.jpg

製麺所なので、そもそもあまり食べるスペースは広くない。
並んでいる間に注文をしておく。麺は「あつい・ぬるい・冷たい・釜玉」の4種。
C級呑兵衛は「冷たいの大」(200円)。順番がきて店内に通されると、すぐに打ちたての輝いたうどんが出された。
ネギは自分ではさみで切って入れ、その上からダシをかける。一気にすする。美味いとしかいいようがない。
e0173645_15573951.jpg

ここで時間を要したこともあり、これから回るところは夕方までは営業している店を選ぶことにした。
結構14時くらいで終了という店が多いのよね。

2軒目は、「長田in香の香」だ。ここは釜揚げうどんで有名なんだけど、つけダシが美味しいの。
ダシはテーブルの上にあるので、蕎麦湯なみに何杯もお替りしちゃった。
女性スタッフが釜で麺を茹で上げ、そのまま器に入れてもってくる。ソフトな食感ながらコシもある麺はグー。
釜揚げ(小)は250円。
e0173645_15592114.jpg
e0173645_1559274.jpg

そして最後が、ちょっとネタ的な要素もあるかな、「ビニールハウスでうどん」ということで、「岸井うどん」だ。
おー、ここも並んでるなあ。
社員食堂っぽく、トレイをもって並んで注文する。うどん以外の揚げ物系が充実しているようだが、残念ながらタイミングが悪くって、あまり選ぶ余地がなかった。
ここのうどんは、手打ちの中でも男前系で、太さもまちまちでねじれているのもあったり
ずずっとすするとコシとはべ別にモチモチした食感が特徴だ。
e0173645_1603437.jpg
e0173645_1604162.jpg
e0173645_1604632.jpg

いつもの調子でいけば5軒くらい回りたいところなんだけど、渋滞も考慮し16:30には四国を後にした(案の定、中国道で渋滞し戻りは20時を回ってしまった)。

by nonbe-cclass | 2007-05-09 09:14 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 阪急レールウェイフェスティバルにて 五月山フェスティバルにて >>