六本木の酒亭「酒友」

酒屋さんといっても、一流ホテルや航空会社との取引がある長谷川酒店
酒にとてもこだわりをもっているこの酒屋さんが、六本木で居酒屋を直営している。「酒友」だ。
店内は多くの客で賑わっていたんだけど、店の雰囲気はかしこまりすぎず、かといって妙な落着いた感が居心地いい感じ。

e0173645_11540661.jpg

酒屋直営だからワインも焼酎もあるんだけど、日本酒などは日替わりメニューまである。
どれもこだわってて、他ではあまり見かけないような酒がゴロゴロしてる。

e0173645_11560232.jpg

焼酎はよく呑むから今回は日本酒で。
最初は「醸し人九平次 純米吟醸」。いや何ね、ネーミングが時代劇っぽいから。
でも「醸し人九平次」の中でも新顔で、味わいがあるんだけどすっきりとした呑み口がグー。

e0173645_11542469.jpg

調べてみると、蔵元はこの商品について、
「いつもとは違う・刺激的な夜をお求めのお客様に是非ともおすすめ!」というお茶目なコメントをしながらも、商品に対する自信はかなりあるようだ。じゃあ、これを呑んでいつもとは違う刺激的な夜を求めてみるか。

あと、「これは美味いね~」と思わず口にしてしまったのが、「松の司 大吟醸」だ。

e0173645_11550861.jpg

滋賀県の酒なんだけど、その中でも稀少酒のよう。口の中に含むと、何の抵抗感もなくサラサラと喉を通り過ぎるんだけど、後に残る味わいが絶妙。
いや~呑みやすいから、知らず知らずのうちに呑んでしまいそうだ。

アテは珍味あたりを。三種盛には、お久々にほやの塩辛だね~。
もう一つさあ、ちょっと変り種を発見・・・酒盗。
普通は鰹か鮪なんだけど、がしらだったっけ?

e0173645_11552094.jpg
e0173645_11552838.jpg

そんな魚で酒盗出来るんだ~

と凄く感心したんだけど、このブログを書いている時点で、その魚を忘れているから、きっと刺激的な夜だったんだろうね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒亭 酒友
場所:東京都港区六本木4-12-6 内田ビル1F
電話:03-5786-3533
営業:18:00~4:00(L.O.3:00)、土は17:00~23:00(L.O.22:00)
日祝休

by nonbe-cclass | 2007-05-02 06:32 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新橋の居酒屋「晒柿」 南青山の中華風家庭料理「ふーみん」 >>