梅田はその名も「玉乃光酒蔵」

仕事の関係ではあるんだけど、
どうしても一緒に呑みたい人がいて、久々にC級呑兵衛きっかけで急遽、飲み会を実施することになった。

かつては、毎日のように呑んでいた。・・が、ある時「これは自粛しないと」と、C級呑兵衛から誘う呑みというのは極力控えている
「え?これでも回数減ったの?」と思われるかもしれないが、大いに減っているぞ。
ただ、以前に比べるとこのブログの職業病とでもいうか、一人でほっつき歩くことは多くなったわね。

店は玉乃光酒造が展開する、その名も「玉乃光酒蔵」梅田店だ。
玉乃光を消費者に知ってもらうために宣伝を目的に営業が開始された。今回のメンバーD社イニシャルN氏のチョイスだ。
A社イニシャルH氏、L社イニシャルM氏とC級呑兵衛は、遅れてくるメンバーを待たずに注文を始めた。

tama4.jpgtama3.jpgおー、正に日本酒のみ、しかも玉乃光ばかりだねえ~。
酒の肴も日本酒を意識したラインナップだ。

最初に関心を寄せたのが、「純米吟醸玉乃光 冷蔵酒」(冒頭写真)だ。
紙パックなんだけど、デキャンタに勢いよく酒を注ぐとみぞれ酒になるという変り種。

tama5.jpgtama6.jpgお造りなんぞが来たところで、「純米大吟醸 玉乃光 有機肥料使用 備前雄町100%」にする。
あ、口当たりがまろやかで味にも深みがありますなあ。

そして、
「純米大吟醸 玉乃光 備前雄町100%」、
「純米吟醸 玉乃光 しぼりたて」

と続く。

tama2.jpgtama8.jpg肴にも季節のものを。春野菜の天婦羅に、のれそれ。
M氏がすかざす「え?のれそれって何ですか?」と質問をしてしまった。
のれそれへのツッコミは決まっていて、「のれそれ?何それ?」だ!

のれそれは穴子の稚魚なんだけど、白魚に比べ少し大きめの透明な魚。ポンズでいただく。ツルッとした食感がいい。
「のれそれ」とは高知の方言らしく、瀬戸内や関西の方では「べらた」と言うらしい。
ただ、関西人でも「べらた」とは聞いたことないなあ。

N氏、A社イニシャルI氏、L社イニシャルH氏と後追いで合流してきてにぎやかくなってきた。

終始、日本酒というのも久々だったからプチ千鳥足かしら・・・
次の店に向かってフラフラと歩き始めた。

tama7.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:玉乃光酒蔵 梅田店
場所:大阪市北区曽根崎2-11-8 日興証券ビルB1
電話:06-6313-6776
営業:11:00~14:00、16:00~22:00(L.O.21:15) 日休

by nonbe-cclass | 2007-04-01 10:44 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 牛乳キャップ at 2008-09-11 22:15 x
こんにちは~

先日、ブログを拝見して
お店に伺いました~。

もちろん、真っ先に『純米吟醸玉乃光 冷蔵酒』の
みぞれ酒を飲んで...飲んで...飲んで....

不覚にも、ベロベロになってしまいました...
Commented by C級呑兵衛 at 2008-09-12 22:15 x
牛乳キャップさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

・・・。
呑みやすいとはいえ、ベロベロはいけません(笑)

<< お初天神の桜 新世界の串かつ「333」 >>