石橋の焼肉「みつる」

石橋の中でも駅から少し離れたところにあるが、うまい焼肉屋がある。
炭火焼肉「みつる」だ。

閑静な住宅街にポツンと看板が光る。
C級呑兵衛が小学生の頃には既に営業されており、その頃に一度だけ行った記憶がある。
何だろう、地元に愛される年季の入った焼肉屋という感じだね。

インターネットで検索しても出てこない店だが、
ところがどっこい、店内にはスポーツ選手、タレント、音楽業界など所狭しとサイン色紙が飾られている。

店内で面白いのは、所狭しと置かれている水槽だ。活魚料理を食べさせる店じゃないぞ。焼肉の店だからね。
まあ、熱帯魚?変った魚が気になるわけ。それもさあ、グッピーみたいな可愛いもんじゃないよ。
そういうのもいるんだけど、「うわ、でか」ってな魚がこっちにもあっちにも泳いでる。

びっくりしたのはインテリアだけでなく、肉もそうだった。
メニューをみると、定番メニューの中に、さらっとミスジ(1500円)なんて書いてあるもんだから。
でもね、ないことが多いから一応、聞いてみたわけ「ありますか?」って。
そしたら、普通に「はい、ありますよ。」って。迷わず注文。
e0173645_18144190.jpg

まま、それまでにまずは生レバー(700円)と特上塩タン(1500円)を。
ここの出てくるもの、みんな結構大きく切ってあるねえ。生レバも1枚がでかいや。でもね、それでも臭みないんだよね。甘くて美味い。
e0173645_18133297.jpg

あと、塩タンもそう。少し厚めに切ってあるから食べ応え十分だ。表面部分は歯ごたえよろしく弾力があり、でも中は柔らかいの。有難い一品だ。
e0173645_18134460.jpg

そして、上ハラミ(1000円)とカルビ(800円)を追加。
ここの上ハラミは角切りになっているので、「あー焼肉食べてます~」という絶妙な歯ごたえが楽しめる。これはオススメだ。あ~カルビも柔らかい。
e0173645_1814327.jpg

Jr.がね、最初不機嫌だったわけ。
理由は「最初に頼んだジュースが出てこない」から。忙しいんだから、ちょっと待てよってとこだったんだが、肉が出てきてから態度が急変。
珍しく、ライスを注文した。
肉も柔らかいし、このつけタレが妙に人懐っこい感じでいいのよ。嫌味のない甘さが良くて、Jr.もご飯がご飯がススム君になったようだ
繰り返して何だけど、炭火に近いところでもくもくしながら、上ハラミをこのタレで食べると、「あー焼肉食べてます~」ってなるって。

シメにクッパ(900円)だが、2人前頼もうとしたら、大将が「いや、1人前でええ。量多いから。」
確かに、ボリュームがあった。上にはキムチやもやしがどっさりのっている。これなら、二人で分けて丁度いいくらいだ。
e0173645_1815145.jpg

とても、気さくな大将。常連客も多いようだ。
一家が訪れた時には、他のテーブルもみな子供達がいる家族だった。子供達同士が水槽をネタに仲良くしてたりしてね。
アットホームな雰囲気もいいもんだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火焼肉 みつる
場所:池田市住吉1-4-14-102
電話:072-761-2818

by nonbe-cclass | 2007-02-11 11:11 | 阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きさとぱぱ at 2007-02-24 13:48 x
お肉で思い出したんですけど、職安へ行く道の左側にいろんなお肉の名前の書いた怪しげなお店まだあるのかなあ
Commented by C級呑兵衛 at 2007-02-24 18:58 x
きさとぱぱさん、こんにちは!
なるほど、コメントからしてあの有名な「鳥栄」のことですね。メディアにもちょくちょく登場していました。鶏肉メインながら、猪、だちょう・・カンガルー?アザラシ?・・・肉の百貨店状態でした。

確かな情報ではないですが、昨年の後半に店を閉めたという情報がいくつかありますね。

<< 緑地公園の「ふぐ甚」 石橋の「和心」でかるく一杯 >>