箕面でドクターフィッシュ体験

たまに温泉番組などで出てくる「ドクターフィッシュ」
もー金魚すくいの如く、温泉の中に小魚が泳いでいて、人が入ると「わーっ」と寄って来るやつね。

「いやあ、見た目どうかと思うけど、一回は体験してみたいなあ」

トルコの淡水魚「ガラ・ルファ」がそうで、水温37度くらいまで生存できることから、温泉でも活躍している次第だね。
彼らは雑食の魚で、人に寄ってくるのは、皮膚の古い角質をついばんでるわけ。

最近では、スーパー銭湯などでも体験できるところが出ているが、
これが箕面スパーガーデンに出来たから早速行ってみることにした。

スパーガーデンも他と同様、足湯での体験バージョンだ。スパーガーデン入口すぐのところにコーナーが設けられている。
「ん~、やっぱり、金魚すくい状態だな。」

先に料金を言っておくと、
15分(タオル付)で大人1000円、小人500円だ。これをスパーガーデンの入場・入浴のセットにすると、大人1400円だ。
スパーガーデンそのものが1300円するから900円オトクってことですな(というか、これを体験しようとするとスパーガーデンには入場しないといけないからね)。
夕方5時以降だとスパーガーデンは大人900円になるが、やっぱりセットで買った方がオトクだね。

C級呑兵衛が足入れるでしょ、そうすると他の客を圧倒して魚が寄ってきて、一斉にツンツンするわけ。
何か、C級呑兵衛の足にかなりの問題があるみたいじゃないか!

場所的に人通りのあるところだから、
「いやっ、あれみて!すごいな~」
「いや~気持ち悪い~」
・・・完全にさらしモンじゃあないかあ。


はじめはこそばいんだよね。でもね、ある程度慣れてくると電気風呂に足をつけている感じ。

15分という時間が長いのか短いのかは分からないけど、出た後、何か足が軽くなり、すっきりした感じだ。
遊びがてら、みなさんもどうぞ。

by nonbe-cclass | 2007-01-14 09:25 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback(1) | Comments(4)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 専門用語? なんだこりゃ.. at 2007-02-12 16:14
タイトル : ガラルファ
ガラルファ ガラルファとは、コイ科の淡水魚です。 普段は、岩場の小さな虫や苔を食べています。 生息地は西アジア。[:聞き耳を立てる:] しかし、ちょっと普通の魚と違うところがあります。 それは、37℃程度の高い水温でも生息できます。 ですから、なんとトルコなどの温泉にも生息しています。[:びっくり:] ガラ・ルファ通称は、Dr.(ドクター)フィッシュ。 ガラルファは、古くなった角質を食べる習性があり、 それによってアトピー性皮膚炎など皮膚病に対して 治療効果があるとされるた... ... more
Commented by ふゆ at 2007-01-14 21:41 x
初めまして!いつも楽しく見ています。
箕面にそんなものがあるなんて~
一度いってみたいです。
Commented by C級呑兵衛 at 2007-01-14 23:08 x
ふゆさん、こんにちは~
箕面にそんなものができたんですよ~
話題の種にひとついかがです?
どこででも体験できるものじゃないですからね。
Commented by クラタノ at 2007-01-19 23:46 x
北摂に長い間住んでいますが。
何故か「箕面温泉スーパーガーデン」と思っていました。
今の今まで・・・。
でもこんなものまであるとはやっぱり”スーパー”じゃん!
Commented by C級呑兵衛 at 2007-01-20 02:35 x
クラタノさん、どうも~
分からないでもないですね、その間違い(笑)ただ、温泉じゃなくて、「ごっつい庭」になりますけどね。
でも、この「スパ」ではなくて「スパー」って何でか伸ばす奥深さなんですが、
英語はspa(スパ)なんですが、その語源がベルギー、アルデンヌ地方の温泉保養都市スパーなんですって。いや~勉強になります。

それにしても、オチが「”スーパー”じゃん!」ですか・・・昭和の香り漂う香ばしさ。更に精進を重ねていただくということで(笑)

<< 築地の海鮮丼「たねいち」 伊丹のネパール料理「サパナエック」 >>