初詣と酒

uragasumi.jpg正月用に、必ず一升瓶で日本酒を買っておくのだが、今回は買う時間がなく銘柄を選ぶ余地がなかった。
結局、昨年と同じく「浦霞」になっちゃった。本醸造酒本仕込バージョンだが、ま、好きな酒の一つだからよしとするか。
もう元旦の段階で半分は飲んじゃったけどね。お、ペースを考えないと後半もたないじゃないか・・・

正月早々酒くさいC級呑兵衛だったが、昼から初詣に出かけることにした。
家族の具合もまだ本調子ではないので、あまり遠出もできないと思い、恒例の箕面瀧安寺に決めた。

ryuan2.jpgこの瀧安寺の初詣では結構いい思いをしてるのよね。
瀧安寺の初詣と言えば「富くじ」、日本で初めて「富くじ」(宝くじ)というものを始めたところ

本堂に参拝した後、その左側で販売されている御守矢を買うと、木札が渡される。これが所謂、抽選券だね
この木札をもって近くにある抽選場所へ。

以前は、大きな箱の中に色んな商品が書かれた木札があり、これを槍で突いて取り上げるという手法だった。
今は止めてしまったようだが、Jr.も体験したくらい最近までの話だ。
昔は人の名前が書かれた木札が入っていて、槍に刺さった木札に書かれた人が大当たりというものだったようだ。

今は大きなガラポンのようなものが用意されており、この中に手を入れて1つ取り出す。この抽選にはJr.が必ず挑戦している
前回もスパーガーデンのペア招待チケットゲットしたもの。

「お・・・すごいぞ、御神酒や。おい!御神酒出たぞ」

ryuan3.jpg抽選会場の人が少し声を大きめに出した。
・・・が、あまりにも淡々と抽選が進んだので、よく状況が飲み込めなかった。
どうやら御神酒は商品の中でもトップクラスのようだ。

「あっ、一升瓶(白雪)じゃん。」


毎度毎度思うが、Jr.の籤運は素晴らしい
今回はしかも「酒」だって。酒に関しては不自由しない家族だね~
おかげでペースを考えないで飲めるじゃないかあ(まあ、何の有難みもないこと)。

年明け早々、こういうことに運を使ってしまう我家だった

これから初詣に出かける人は一度瀧安寺に行ってみて。滝道も気持ち良いしね。

by nonbe-cclass | 2007-01-01 09:08 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 川西の焼肉「清流館」 年越し蕎麦は石橋の「入船」 >>