伊丹のネパール料理「サパナエック」

北摂のアジア料理は色々と食べ歩いてみたいと思うんだけど、どうなんだろうねえ、やっぱり韓国料理やインド料理が多いのかなあ。

そんな中、今回はネパール料理の店に行くことにした。
住所は伊丹なんだけど、宝塚市に隣接する荒牧だ。
「サパナエック」。赤いネパールの国旗がはためく店なのですぐ分かるぞ。

どうしてもねえ、タンドリーチキンが入ってないと・・・
そこで選んだのが、
カレーにサラダ、スープ、ナン、フィッシュティッカにタンドリーチキンがついたCランチ(1575円)。食後にドリンクもつく。
ここのナン柔らかくて美味しいよ。プレートを大きくはみ出るくらい大きいのだけど。

sap3.jpg店内は、エスニックなインテリアでいい感じ~

そうそう、蛍池にある「カトマンドゥ」もそうだが、純粋なネパール料理を食べようと思うと、アラカルトでいかないとダメなんだよね。
モモ(小龍包みたいなやつだね)とかそうでしょ。あれ、美味しいよね。

もともと、ネパール料理はインド料理、チベット料理そして中華料理の特徴が混ざり合った感じではあるんだけど、
ランチのカレーセットになると、とたんにインド料理になるんだよね~
純粋なネパール料理のランチセットってあるといいんだけどなあ。

sapa1.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:サパナエック
場所:伊丹市荒牧3-2-22
電話:072-778-7655
営業:11:00~14:30、17:00~22:00 月休

by nonbe-cclass | 2007-01-13 15:34 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 箕面でドクターフィッシュ体験 かき食べ放題の宿「美浦荘」 >>