水ナスの攻防戦

春から夏にかけて出回る「泉州の水なす」
あの食感は何度食べても飽きないですなあ。見てくれも「モテっ」としていて愛嬌があるよね。
普通の茄子に比べるとかなりの高級野菜だが、毎年楽しみなアイテムの一つだ。

特に今年は、至るところで水なすを食べる機会が多かった気がする。
飲み屋でも「漬盛り(漬物の盛合せ)」を頼むよりも、水茄子の方が多かった。

ま、そんな中でもJr.との攻防戦が繰り広げられた。

ある居酒屋でのやりとり・・・

水なすが運ばれてくると、まずは自分の前にその器を移動させるJr.
明らかに独り占めする気配がプンプンするので、
良妻曰く「これ、一人で食べずにパパにも分けてあげなさい。」

この警告に対し、Jr.はすぐに小皿を用意しC級呑兵衛に水なすを取り分けて渡してくれた。
これら一連の流れを目で追っていたが、わずかな時間だったので、すぐに親同士の会話に戻った。

・・・しばらくして、目線をテーブルに落とし、水なすを取り分けてもらった小皿を見ると、「あれ?」
明らかに数が減っとるやないか

状況を確認すると、
水なすを取り分けC級呑兵衛の前に出したところまでは「素晴らしい親思いやないか」となるわけだが、

Jr.は取り分けた後に残った自分の水なすには手をつけず、C級呑兵衛に渡した、その水なすから先に手をつけていることが発覚した。

「おいっ!」

それは取り分けただけであって、いわば水なすの移動だけじゃん
結局、分けたように見せかけて根こそぎ持っていくJr.の腹黒さに爽快さを感じたね

by nonbe-cclass | 2006-09-14 22:41 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< インド家庭料理「マハラジャ」 タンゴエクスプローラー >>