梅田の居酒屋「とり平」「鶏鳥kitchenゆう」「割鮮 吉在門」

梅田でハシゴ酒。

鳴門から知人イニシャルT氏が連休を利用し大阪へ戻ってくるというので、梅田で待ち合わせ飲むことになった。いやあ久々だなあ。

そもそもの待ち合わせ時間が少し遅めだったので、こちとら仕事を終わらせて梅田で酒前酒を始めた。やっぱり、気軽に楽しめる新梅田食堂街の「とり平」だ。時間によっては売切れてしまうので意外と口にしていないせぎもも楽しむことが出来た。やっぱり、ここの特製タレは味わいがあって美味いねえ。

e0173645_18572810.jpg

ハツや三角、手羽先などお決まりのものを一通り食べて店を出ることにした。

この後、イニシャルT氏と合流し店探しにお初天神あたりを散策した。イニシャルT氏が「ここしまひょか」と入った店は、うめだ花月前のビルにある「鶏鳥Kitchenゆう 曽根崎店」だ。また焼鳥かよ!がっかりだよ!

金曜日ということもあってか、店内は一杯だ。とりあえず焼酎の一升瓶が並ぶカウンターに腰をかける。兼八もあるねえ
この後、イニシャルO氏とも合流することになるが、これ以上は席がないからすぐに出られる体制だけにはしておこう。

e0173645_22463977.jpg

この店は、名古屋コーチンを出す店だが、店の自慢は「つくね」だそうだ。チーズやおろしポンズなど幾つかのバリエーションがあるようだが、とりあえず「自信満々のつくね」とやらを注文してみるか。
ハンバーグのようにこねたつくねに、卵黄がのった一品だ。卵黄が後押ししているのもあるが、モゴモゴとせず柔らかくいただいた。この他に串盛り合わせを注文したが、酒のアテにはこの塩焼き串の方がお似合いだなあ。

イニシャルO氏と合流し、夜遅めまでやっている店ということで、東通り商店街にある「割鮮 吉在門」に入った。この高級感のある店構えとリーズナブルな料金設定のギャップにいつも笑わされる。

「付出しでございます」とでてきたのは、いきなりマグロとウニのにぎり

e0173645_22494752.jpg

色んなメニュー(フォアグラ料理なんてのもあるんだけどお)があるが、ここはやはり魚料理で楽しんでいただきたい。造り盛合せを頼んだところ、生ガキがのってきたよ

e0173645_22495025.jpg

もうねえ、最近疲れてるのか年なのか知らないけど、眠気に勝てないわけ。酒は呑みたいし話もしたいんだけど身体がついてこないわ。
いやあ、ホント徹夜するのはもう無理なのかもしれないねえ(何考えてんのよ)。

とりあえず、「この夏にお泊り呑みを開催しよう」と決めて、26:30頃店を出た

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鶏鳥kitchen ゆう 曽根崎店
場所:大阪市北区曽根崎2-16-22 アメリカンビル3F
電話:06-6311-6308
営業:月~木・日 17:00~25:00、金土17:00~05:00 第3月休

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:割鮮 吉在門 東通り店
場所:大阪市北区小松原1-16 モコビルB1F
電話:06-6312-3610
営業:17:00~5:00、土日祝は16:00~5:00 無休

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2006-07-15 23:30 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by C級呑兵衛 at 2006-07-17 14:13 x
まりもさん、こんにちは!コメントありがとうございます。軍鶏五郎ですかあ、行ったことまだないですねえ。でもいつか、辿り着いちゃうのかなあ(笑)
Commented by まりも at 2006-07-18 00:06 x
何時も、ブログ楽しくは意見させて頂いてます。
梅田情報の充実楽しみにしてます。
私がよく行く、軍鶏五郎はいつ出てくるかな(笑)

<< 十三のタイ料理「チャームテーウィー」 靭本町「GARASYA」でランチ >>