十三で美味しい時間「うさぎ」

久々に十三「うさぎ」の暖簾をくぐった。店の人からも「うわっ!これはこれは」みたいな感じ。
このお店には家族でも行ったことがあるほど、とてもアットホームで気さく、それに美味しいものが色々と味わえるから文句なしだ。

付き出しの小鉢セットの中に、七夕の短冊をあしらった練物、酒呑みのおっさんはこういうところで季節を感じるわけ。

usagi2.jpg今日の変わりどころは、ぎばさ(500円)かな。
ぎばさは、イメージでいうとめかぶ。イメージというか、同じ海藻の仲間(昆布などの褐藻類)であかもくと呼ばれるものだ。
東日本の沿岸でよくとれるらしく、それが何故か秋田だけでは名称が変わり「ぎばさ」となるという。
も一つ、不思議なのは、この海藻は能登半島側でもとれるもので、ここでも「ぎばさ」というそうな。
今日、出された時には後者の方から取り寄せたものだと聞いた。

細かくきざんでいたからかもしれないが、めかぶよりもかなり粘りがある。他にも山芋たんざくなど粘りのあるものを続けて食べたので、身体が元気になりすぎるんではないだろうか(それはないね)。

酒は浦霞・八海山から、マスターオススメのレアものまでたっぷり呑ませていただいた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うさぎ
場所:大阪市淀川区十三東3-27-22
電話:06-6309-0321
営業:11:30~14:00 17:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2006-07-07 23:23 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の「とり竹」でくじら料理 グレートブルーでのジャズライブ >>