ルームキー事件

ビジネスホテルさん、お願いしたいことがあるわけ。

これはC級呑兵衛伝説ではなく、今回、東京イベントで期間中行動を共にしてきたイニシャルT氏とイニシャルN氏のお話
期間中、同じ新橋のビジネスホテルに宿泊していたが、C級呑兵衛はシングルだったが、イニシャルT氏とイニシャルN氏はツインルームだった

これね、チェックインの時、ツインでもカードキーは1枚しか手渡されないし、かつ部屋に入ると、照明をつけるために壁のスイッチにささなきゃならないじゃん

ま、この仕組みがアクシデントを招いたわけ。

呑んで帰ってきたイニシャルT氏とイニシャルN氏。
ま、立ち尽くめ、呑み疲れでぐったりしてるわけ。でも、仕事のこともあるのでパソコンチェックも欠かせないのだ。

イニシャルT氏曰く、「イニシャルN氏、先風呂入り~や。先メールチェックするし。」
こうして、イニシャルN氏は先に風呂に入った。

ところが、イニシャルT氏の方は、通信回線が思わしくなくメールのチェックもままならない。
そこで、ホテルに設備があるケーブルインターネットの無料キットのことを思い出し、部屋を出ることにした。
そ、純粋にそう思ったのだ

イニシャルT氏、何の疑い・邪念もなしに、壁スイッチにささっているルームキーを持ち出した
そして、フロントで初めて気がついた。
「あ、ひょっとして、部屋電気消えてんちゃうん?」
そうは思ったが、ここまできてしまっては時既に遅し。キットを受け取り部屋に戻る。

・・・部屋に戻り、ドアを開けると暗い部屋にボーッと青白いパソコンの画面。キャーこわ。

ま、何よりも風呂場で真っ暗状態になった被害者はイニシャルN氏だ

「いや、マジで5回は「イニシャルT氏さん?イニシャルT氏さん!」と叫びましたよ」
はじめは叫んだかもしれないが、後半は心細い声で助けを呼んでいたに違いない

ルームキーは人数分はご準備いただきたいものだ。

by nonbe-cclass | 2006-06-19 23:17 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 夏の風物詩「サントリービールス... こんなところにもホタルが一匹 >>