新宿の「ひな鳥」

昨日、打ち上げで盛り上がった後、一行とは別れ、
イニシャルK氏、イニシャルF氏、イニシャルM氏、イニシャルH氏というそうそうたる酒呑みメンバーで更に飲み続ける。
結局、新宿のカプセルホテルに着いた時には26:00を回っていた
風呂とサウナに入ったまではよかったが眠気にかてず、一緒に泊まるイニシャルK氏、イニシャルF氏とははぐれ、そそくさと寝てしまった。

・・・で、今日、朝7:30に起きて朝風呂を浴びてイニシャルK氏、イニシャルF氏と共に9:00までにはチェックアウトする

さ、さ、呑みに行くぞ
朝の閑散とした新宿駅横の「思い出横丁」へ入り込み、朝から赤提灯をぶら下げている(おかしいでしょ)店を探し入る。
以前、お世話になった「若柳」を探したが残念ながら見当たらなかった。

hina2.jpgさて腰をかけ、とりあえずビールを注文するが、付き出しがメンマとは酒呑みを分かってるじゃあないかあ。
朝9時頃にメンマを頬張る男を見たことがあるかい?ここにいますよお。

店情報を収集しようとしたが、店の名前も分からない。
店のお兄さんに聞いてみると、
「赤ちょうちんに書いてますよ、ひなどりですヨ」というから、外に赤提灯見に行ったら、「やきとり」じゃねーか、がっかりだよ!

どうも様子がおかしいなと思い聞いてみると、ここで勤めてまだ1ヶ月の中国人だった。

で、営業時間を聞くと基本的には夕方からの営業で午前・昼は仕込だという。
「え?でも提灯ついてるじゃん。」
「ええ、まあ時間はいつでもOKヨ」・・・まあ、アバウトな。


でも、アバウトさは酒にも出た

イニシャルK氏が熱燗を2合で注文した
すると、おもむろにグラスを取り出し、パックの日本酒を注ぎだした。ナミナミ入れて、ハイと差し出された。
我々は「あ、いやいや・・」と注文を聞き違えていることを指摘しようと思ったが、イニシャルK氏「・・・あ、ま、これでいいや」。
熱燗でもないし2合でもないんだけどね・・・

で、それを見たイニシャルF氏が、「あ、じゃ俺も同じのちょうだい」
お兄さんは同じ動作で同じように酒を出した・・・が、グラスの大きさが少し小さいし、しかもナミナミ入ってないじゃん。
すかさず、これにはイニシャルF氏は指摘

すると、お兄さんはもう一つグラスを取り出し、コップ半分くらいまで酒を入れて、「はい、これで。サービスヨ」。
いやいやいや・・・。不思議なやりとりがしばらく続いた


午前中、ゆるい時間が静かに流れ我々一行はよく酒を呑んだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ひな鳥 1号店
場所:東京都新宿区西新宿1-2-7
電話:03-3340-8088

by nonbe-cclass | 2006-06-17 22:53 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 無花果 at 2006-06-22 16:37 x
ふと行きたいとは思いませんが
面白すぎるお店ですね。

朝からですか・・・・コメントなし(笑)
Commented by C級呑兵衛 at 2006-06-22 21:18 x
こんにちは!
そうなんです。ふと入ってしまうと、こんなことになってしまうんですね(笑)

<< こんなところにもホタルが一匹 「串特急」で酒特急 >>