ガード下の中華そば「花房」

いやあ呑んだね~
でもね、やっぱりシメはラーメンだわ

新橋から有楽町、線路沿いの呑み屋街、通称コリドー街を呑み歩いてきた。
その通りの端、高架下で営業している屋台のラーメン屋を見つけた。

「花房」
だ。
提灯に、「民放6社生出演」というのが鼻につくが、ちゃきちゃきの江戸っ子大将の話しぶりが小気味いい。

hanafusa2.jpg醤油らーめん(600円)とは別に有料オプションでゆで玉子があるが、
大将曰く、
「6人で来てくれたから、玉子サービスでつけてやるってんだよ。」
独特の言い回しでがらが悪そうだが、情に厚いおやっさんだ。

焼豚、のり、シナチクがのったシンプルな中華そばだが、こういうのが一番うれしかったりする。
澄んだスープが味わいがあって、麺によく絡む。
石橋にも屋台のラーメンが駅前で営業をしているが、残念ながら味に差がありすぎる。

さ、明日は早い。ホテルに戻って一杯やってから寝るか。

by nonbe-cclass | 2006-06-13 23:45 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 恵比寿の居酒屋「大吉」 新橋の居酒屋「金陵本店」 >>