トランプゲーム「うすのろ」

ひと昔前、スキーなんかに行くと泊まる民宿先なんかで、夕食後に、みんなで集まってトランプゲームなんてのが良かった
中でも、もっとも単純明快で思わず力が入るのが「うすのろ」だ。

「うすのろ」は、
プレイヤーが輪になり、場の真ん中に人数より一つ少ない数のモノをまず準備。
各プレイヤーにカードを4枚ずつ配る(例えば3人なら、A~3のカード12枚を使う)。手元の不要なカードを1枚選び、掛声に合わせ右隣のプレイヤーにそのカードを裏返しにして渡す。同時に左隣のプレイヤーからカードを受け取る。この操作を繰り返すわけ。
手元に同じ数字が4枚揃った場合に、プレイヤーは場の中央に置いてあるモノを取る。このとき、自分が揃っていなくても、誰か一人のカードが揃えばモノをとりにかかることができる。

このゲーム、ずっと「ぶたのしっぽ」と思って遊んできた。
掛け声も「ぶたのしっぽ」で、トランプを隣の人に渡していた。「ぶたのしっぽ」は「ぶたのしっぽ」として、で別の遊びがあるみたいね。

ま、どちらにしても「うすのろ」はついつい力が入ってしまう。我家でも最近やることが多い

今、取るモノはプラスチックのコマだが、状況によってはお菓子やみかんとかになるわけ。
みかんは、大人が本気モードでやると、わやくちゃにされることうけあい。モノはチョイスをミスってしまうと惨事になる。饅頭危険
また、このモノの争奪戦で怪我人が必ず出るね。引っかき傷とか。

あと面白いのはフェイク。
揃ってないのに、モノを取ろうとすると周辺が動揺する。思わず、取ってしまったりするとお手つきとなる。
普段、ロクなことを考えないC級呑兵衛の得意技だ

途中から、人間模様を見せつけられる。

「早く、トランプ回せよ!」
「ちょっと、モノをそっち寄りに置かないでよ!」
「痛!自分、爪伸びすぎやわ!」
「おいおい、ちょっと落ち着け!あ~トランプ折るなや」

by nonbe-cclass | 2006-06-10 23:41 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆずれもん at 2006-06-22 01:08 x
こんにちは。
懐かしいです~!
「う~す~の~ろ!」って言って回していくんですよね。
「ぶたのしっぽ」は、トランプをまるで豚のしっぽみたいにくるっと滑らすように並べる、というのは覚えていますが、ルールをいまひとつ思い出せません・・・。
とにかく、遠い昔の遊びを懐かしく思い出しました☆
Commented by C級呑兵衛 at 2006-06-22 21:21 x
こんにちは!
実は、その「ぶたのしっぽ」ってどんなのかやったことないんですよ僕(笑)
久々に「うすのろ」やると面白いですよ。

<< 小玉すいか「うり坊」 時間しくじると・・・ >>