Jr.の素晴らしい人生経験(2)

先日、Jr.が小学校でひらがなを学んでいる話をした。
例の「へ」事件だ

あの「へこむ」の一件を受けて、「Jr.は何か学校で悩んでいるのだろうか。うまくいってないのだろうか」と少し気になったこともあり、良妻がJr.に聞いてみたそうだ。

「あーあれ、ノンタンの絵本に書いてあったから。「ボールがへこむ」とか」
「・・・。」

あー、そっちの「へこむ」ね
意外な返りがあったことに、脳が活性化された。何か視力も良くなった感じがするくらい。

・・・今、小学校でひらがなを学んでいるJr.。
「あ」から順番に、一つずつ・・・「あ」の書き方だけでなく、「あ」から連想できる単語も書く練習をするわけ。

宿題は「む」まで進んでいた
「む」を書く練習をしたあとに、「む」をつかった単語を書くところがあるのよね。マス目は5マス。

Jr.は直感的に感じたんだろうね、「む」ならこうか、と・・・

「むり。」
「・・・。」

何度も言うけど、5マスなんだら、5文字の言葉を考えなさいよ・・・
・・・しかも「むり」って。

・・確かにJr.の口癖だ。
この2Bの鉛筆で力強く書かれているところあたりが、あの全てを遮断してしまうムカつく言い回し「むり」をイメージさせる


だから、どんな家庭環境で生活してんのよ。

by nonbe-cclass | 2006-06-02 23:14 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 山田家のうどんセット 福島の居酒屋「ひなた」 >>