石橋の焼肉「牛匠庵」

色んな焼肉屋に足を運んでいるが、今回は石橋でも豊中との境にある「牛匠庵」だ。
石橋駅から線路沿いに蛍池に向かっていくと、途中で中国道・中環と交差するが、これを越しても、実はまだ池田市だったりする。
この「牛匠庵」も住所は池田市になる。

でっかい「牛匠庵」の文字が遠くからでも見える。
中に入ると結構落ち着いた感じで、入った瞬間、正直「あ、高い店に来ちゃった」と思ってしまった。
e0173645_1345119.jpg

でも、メニューをみて安心。さほど、他の店と変わらない料金だ。
いや、むしろ、牛は黒毛和牛、豚はイベリコだとお得感があるかもしれない。

とりあえず、「牛セット」(3500円)と上タン(1080円)を注文する。
「牛セット」は上ロース・上バラ・上ハラミ・特選牛肉の盛合せだが、特選牛肉はヒウチだった
e0173645_1352588.jpg
e0173645_1353537.jpg

このヒウチ(ももの肉でもっとも脂ののった部分)もそうだが、
ん~、ここのメニューは凄いなあ。聞いたことない部位がいろいろあるぞ・・・
外平(もも肉の外側でサシが良い)やラムシン(ももの付け根、ヒレにつぐ柔らかさ)など、1頭の牛からちょっとしかとれないようなものが楽しめる。

いつもユッケを注文するが、ここでは「牛角切りユッケ」(880円)にしてみた。
サイコロステーキくらいのコロコロした肉がユッケの味付で出てきた。おー柔らかいし甘いね~。
e0173645_135571.jpg

今回は、刺身は注文しなかったが、刺身だけでもレバやセンマイ以外に、牛サシ、ヒレサシ、タンサシ・・・とバラエティに富んでいる。
また、一般的なメニューの料金的なところでいくと、バラが880円、上ハラミ980円、上ロース900円だ。
e0173645_1361225.jpg

あと、タレも面白い
串の店のようにいくつかに区切られた横長の皿がでてくる。
ベースはあっさり醤油タレだが、それ以外にも味噌ダレ、そしてフルーツダレがもれなく出てくる。
これに塩だが、塩はモンゴル天然岩塩が出るが塊りで出てくる。自分で適量けずって味わう。
これで、是非、ハラミや外平あたりを食べていただきたい。美味い。
これだけでも、「タレ何種類あるんだよ」なのに、更に特注でネギポンズや黄味(地卵・ネギ)なんてのもチョイスできる。

しめは、やはり石焼ビビンバ(1080円)かクッパ(600円)で。石焼ビビンバは香ばしくてオススメ。
よくクッパを食べるC級呑兵衛だが、ノーマルのクッパも味に深みがあったので是非オススメしたい。
e0173645_1363178.jpg
e0173645_1363690.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:牛匠庵
場所:池田市石橋4-17-26
電話:072-761-3255
営業:11:30~24:00(ランチタイムは11:30~15:00)

by nonbe-cclass | 2006-05-24 23:38 | 阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「かき広」で昼食を 池田のラーメン「丸一」 >>