明日の記憶

仕事で、お客様ご招待のイベント、映画の試写会を道頓堀東映で開催した。映画は今話題の「明日の記憶」だ。

これまでにも幾つか試写会を開催しているが、今日はかなりの来場者だ。
渡辺謙さんの演技力と、彼のこの原作・映画にかける想いがきっと伝わっているのだろう。

一通りの段取りが済んだところで、C級呑兵衛も観せてもらうことにした。
映画の内容をここで書くわけにはいかないので、是非、観に行っていただきたいと思うわけだが、
観終わった後に、何て言うんだろうねえ、虚しくなっちゃった。

淡々と進むストーリながら、確かに、家族愛がもたらす人間模様から涙するシーンは多々あるし、ハンカチをはなさない人も多い。
それはそれであったんだけど、それ以上に、今ある自分と重ね合わせる、また、サラリーマンの立場としてみてしまった。

ある瞬間から、今あるものがガタガタと崩れいていく様は、ありきたりな表現しかできないが「人間ってはかないなあ」「毎日をベストに過ごす」ということを痛感させられた。

by nonbe-cclass | 2006-05-09 23:49 | ・仕事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< MISUGIYAの「牛たたき」 阪急レールウェイフェスティバル >>