石橋の居酒屋「凛」

石橋にも格好いい大人の空間を演出している居酒屋があるわけ。
「居酒屋」という言葉があまりしっくりこない、「静かにお酒を楽しむ」ための店という感じだ。

繁華街から少し入ったところにある「凛」だ。
C級呑兵衛は普段、酒を求めて細い路地裏もぶらぶらしているので、この店も前から気付いてはいた。ただ、サラリーマンには他の店に比べて少し高いので、大衆酒場へと流れていたのだった。

rin5.jpg扉を開け細い路地を抜けるとカウンターが広がる。
カウンターと厨房側はフラットで、鉄板や炭焼きが目の前なので、調理の一部始終が楽しめる。
あと、食材が木のケースに入っているが、見ているだけで「うわ、うまそ」と思わず見とれてしまう野菜が「○○産」の札をつけてゴロゴロしている。
そして、写真からもわかるように壁にはこだわりの日本酒や焼酎が並べられている。

まずは何から頼むかな~
生ビールに、高知産カツオタタキ(950円)、北海道産鮭とばの炭あぶり(600円)、地鶏せせりときのこのにんにく炒め(900円)あたりをいただくかな。
調理場にも炭焼きがあるが、そこから炭をとって客が各自炙れるようにカウンターに民芸コンロがおかれる。この鮭とば大きいし、結構量あるじゃん。

店はさほど大きくない。10人ほどが座れるカウンター以外に、個室が2つ。
6人用個室はよく分からなかったが、もう一つは2人用個室(完全個室ではなく間仕切り)で小さなテレビがついていた。「チャーリーとチョコレート工場」が流れていた。

いやあ、隠れ家的な店でいいですなあ。
良妻に内緒で誰かと来たいものですなあ。
え?誰かって?多分ねえJr.
。世の中そんなもんですわ。

っていうか、今、ここにJr.いるんだけどね。また、飲み屋で蕎麦頼んでる、かけ手打蕎麦(800円)。
でもね、これオススメ。ネギがたっぷり入っただけのシンプルなものだがダシが美味い。シメに頼んでみて。

rin3.jpgrin2.jpgどうしても、あのケースにある野菜が気になる・・・
焼酎に切り替えたことだし、京都万願寺ししとうの炭焼(500円)、徳島産しいたけの炭焼(500円)を注文してみた。

でっかいししとうがやってきた。
万願寺ししとうって甘味と歯ごたえがあって酒のアテにピッタリ。
それと、このしいたけの肉厚さ。コロンコロンじゃあないかあ。傘を下にしてじっくり焼いていると水分が出てくるので、それが食べごろ。ホクホクのところバフッとかじるわけ。「しいたけが美味い」と久々に感じた。

ガツガツ食べる店というよりは、酒を呑むためにいい食材でアテにありつける、C級呑兵衛には文句なしの店だった。

rin4.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:凛
場所:池田市石橋1-12-18
電話:072-760-0671
営業:18:00~25:00 日休

by nonbe-cclass | 2006-04-28 23:55 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< のせでんレールウェイフェスティバル 久々のロケ >>