通天閣のたもと「だるま」

やはり新世界に来たのであれば串かつは食べたい。
寿司を食べて間が無く腹持ちもいいのだが、寿司と串かつは別腹だ

今回は、通天閣の真下にある「だるま」だ。すっかりテレビでも有名になった串かつ屋で今では数店舗営業しているが、どの店も並ぶ人が絶えない。串かつを生み出した元祖だ。

ただ、今日は本当に空いているので、ちょっと並んでみることにしてみた。
・・・店の外のことしか意識していなかったが、店の中でも待ってる人いるじゃん
結局、20~30分待って、カウンターに案内される。

この店もそうなんだけど、今日はどの店も家族連れ、カウンターに子供の姿が見られたなあ。うまそうに食べてたぞ。

串かつって普通、揚げると表面はパン粉の荒さが出るんだけど、だるまは他の串かつ屋と違い、アメリカンドックのよう
油も衣も企業秘密だそうだが、食べた後も油の嫌味が残らずあっさりとして軽い気がする。
「いくらでも食べられる」と表現する人がいるが、言いたいことは分かる。

結局、「え?晩御飯?」なみに、寿司屋以上に飲み食いしてしまった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:だるま 通天閣店
場所:大阪市浪速区恵美須東1-6-8
電話:06-6643-1373
営業:11:00~21:00 無休

by nonbe-cclass | 2006-04-22 23:55 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋のインド料理「チャチャ」 天六から新世界へ >>