天六から新世界へ

「すし政」で定食を食べた後、近くにある天満市場へ足を運んでみる。
卸売市場のようなイメージをしていたが、「ぷららてんま」という商業施設内で各店舗が軒を連ねていた。
正確に言うと、天満市場内で一般客が利用できる部分を、この施設に集約した感じだ。地下1階にはスーパー、2Fにはザ・シューズなども入っている。市場内は生鮮食料品を中心に活気があり、地元の人で賑わっていた。

tenroku4.jpg天神橋筋商店街だけでなく、少し横道にそれたりすると個性のある通りがいくつもある。
商店街マニアとしては嬉しい限りだ。狭いところをうにゃうにゃ歩いて、急にJR天満駅に出てびっくりしたりなんかして。
天神橋筋商店街のレトロな喫茶店にも興味があるが、鶴橋同様、このごちゃごちゃした雰囲気が最高だ。
立ち呑み屋もなんぼあんねん!
いやあ、ゆっくり散策したいところですなあ。

tenroku5.jpgさて、ここから新世界へ向かうことにした(なんでやねん)。
動物園前からジャンジャン横丁を通る。「八重勝」あたりは列をなしていたものの、今日は明らかに横丁全体の人通りが少ないなあ。
ただ、串かつの店だけでなく、囲碁や将棋クラブの賑わいは相変わらずで、店の外から次の手の行方を見守るギャラリーが垣根を作っている。
この画を見ると「あ、新世界に来たな」と実感する。

さて、Jr.をぐったりさせないために、恒例のスマートボールの店に向かった
街散策ではJr.も面白くないだろうし、ゲーム好きなJr.にとっては丁度いい遊び場だ。

tenroku6.jpgまあ、新世界全体の賑わいが少ないにも関わらず、やはりここは熱気に包まれていた。
もう年齢層を問わないレトロな個人競技が、見ている者をも巻き込む勢いだ。

Jr.はいくらか台を変えた(パチンコするおっさんやね)が、最後の台だけぱらぱらといい感じで出していた。

この後、通天閣にのぼった
チケット売り場まで行くと、展望へのエレベータに乗るのに列をなしているではないか
へ~通天閣も頑張っているのねえ~。フラッシュを浴びる展望フロアのビリケンさんが格好良かった

by nonbe-cclass | 2006-04-22 23:43 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 通天閣のたもと「だるま」 天六の「すし政」 >>