舞香

おでんの「多加」を出て、すぐ前にある焼酎Barに流れ込み一杯だけ焼酎を呑んだ。
「L」という黄色い看板が目を惹くものの、店の存在には今まで気付いていなかった(目には入ってたんだろうけど)。

いつも芋焼酎をメインに呑んでいるので、麦のこーばしいのを下さいと注文した。
「兼八」「釈云麦(じゃくうんばく)」がその代表みたいなもんだが、そのいずれも扱っていなかった。

その代わりというか、マスターが「兼八よりも美味いと思いますわ」と出してくれたのが、「舞香」だった。
大分の藤居醸造が作る焼酎で、伝統的な作業工程を経ているため生産の絶対量が少ない貴重なものだそうだ。

最初、口にした瞬間は癖のないライトな感じだが、後から残る麦の香りはこーばしい。
ただ、全体的に味が何ていうんだろう、ごつごつしていない(いや、おかしいなこの表現)、そうとても滑らか

イニシャルS氏、イニシャルN氏との話で店の情報を確認するのを忘れてしまった。
一応言っておくが、酔って忘れたんではない

by nonbe-cclass | 2006-04-04 23:58 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 粋で親近感ある焼酎「三悪人」 北新地のおでん「多加」 >>