郷土料理「箱庭」

くずはモール内にいい店があった。東京赤坂の「箱庭」がこの樟葉にもやってきたのだ。
もともと、「箱型の個室や「HAKONIWA」と呼ぶ大小様々な置庭などインテリアを構成するパーツのほとんどが可動式」(箱庭のHPより)という斬新な展開を演出する店で、店内は少し暗めの照明で落ち着いた空間だ。

さて、4月中旬までの限定として全国の郷土料理が味わえるフェアをやっていた。

まっ先に目に止まったのが、「なめろう」(680円)。
これは、千葉地方に伝わる漁師料理だそうで、青魚、ねぎ、味噌、生姜を包丁でたたき、皿にくっつくほどに粘りを出す。
見た目も味も、アジのたたきのようだがこの粘りがいいねえ。「なめろう」はその美味さから「皿までなめろ」からきてるんだって

あと、やっぱりチャレンジしたい「ふぐの子の粕漬け」(680円)。
ふぐの卵巣なのよね。毒は糠漬けで成分を抜き、さらに粕に漬けたものだそうだ。
石川県でしか製造許可のおりない貴重な珍味だ。
ま、普段から毒づいたC級呑兵衛だから、ふぐの毒くらい。
どちらかの毒がやられるとすれば明らかにC級がやられるとは思うけどね

焼酎の黒丸や日本酒の伊丹諸白などを味わいながら、この他にも充実した美味い珍味に舌鼓を打った。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:CUBE HAKONIWA 箱庭
住所:枚方市樟葉花園町15-1 くずはモールDINNING ST.2F
電話:072-866-8928
営業:11:00~14:30、17:00~23:00

by nonbe-cclass | 2006-03-29 22:43 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Jr.のくじ運 くずはモールの饂飩「四國」 >>