キリンの荒挽きジャーマンソーセージ

久々に懸賞に当たった。

キリンビールの24缶ケースに「当たり」とあったので、キャンペーン事務局に送ったところ、今日、宅配便がやってきた。
お、ちょっと重いじゃん。

送られてきたものは、ステンレスペアタンブラー「荒挽きジャーマンソーセージセット」だ。

タンブラーは、著名な人達がプロデュースする食器・台所用品を扱う和平フレイズのものだ。
一方のソーセージは、静岡のソーセージやさん、米久(よねきゅう)のものだった。

荒挽きジャーマンソーセージセットは、
ソーセージ・ミュンヘン: ポークソーセージ(ウィンナー)6本入り×1パック
ソーセージ・チューリンガー: ポークソーセージ(ウィンナー)6本入り×2パック
ジャーマンフランク: ポークソーセージ(フランクフルト)4本入り×2パック

と盛りだくさん。
ソーセージに緑の粒粒が入っているなあと思っていたら、レモン果皮やパセリを加えたノンスモークタイプのホワイトソーセージ、これがチューリンガーのようだ。

これでまた、ビールがすすむではないか
キリンビールさん的にはこれでまたビールが売れるからラッキーかもしれないが、
わが家的にはこのソーセージがあるからビールを買うのではなく、湧き出る泉のように常時ビールがある

・・・そう、今回のキャンペーンって箱単位でくじになっていたが、そりゃあわが家はかなり箱単位で買ってるぞ。
缶ごとについているシールで応募するやつなんて、もう面倒くさくて・・・。
ま、キリンさんだけではない(サントリーさんとサッポロさん)が、「え?なに業者?」くらいの消費量だ。

むしろ、キャンペーンに当たっても、「そりゃこんなけ買ってるんだから当てなさいよ」と逆に言いたいくらいだ

「酒」が、少しわが家に貢献してくれた瞬間だった。

by nonbe-cclass | 2006-03-18 22:38 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 川西の手打ちそば「小花庵」 寒空でのロケ >>