新物ホタルイカとJr.との肴対決

夕方に池田神田にあるMISUGIYAに買い物に出かける。
まあ、どちらかというと買い物について行って、酒の肴を物色するだけなんだけどね。

相変わらず、活きたセコガニに目がいったが(3尾で500円)、結構今シーズンは食べてるからさすがに飽きてきた。でも、みそは美味いよなあ。

今日、手にとってみたのはほたるいかのボイル。1パック298円だ。
ホタルイカってしょっちゅう食べている気がしていたが、そりゃあ旬な時期ってなものあるよね
実は、ホタルイカボイルのパックはビジュアル的によく目にするが、パックに「ホタルイカボイル」でなく、「新物」と書かれて売られていたのは初めて見た気がする。

ホタルイカといえば富山のイメージが強いが、実際にイカが集まるような潮の流れや地形に富山湾がなっているらしい
これが毎年、3月~5月頃を中心にどわーっと集まってくるんだそうだ。
夜に発行する青い神秘的なホタルイカ、天然記念物にも指定されている。いやあ一度は見てみたいものだ。

・・んなこといって、そんなホタルイカを食べようってんだから、C級呑兵衛も口先だけだね

一方、Jr.も負けちゃあいなかった
夕食のおかずを考えウロウロする母親のもとで、ずっと「買って~」とねだるJr.
何をねだってんだよとおもっていると・・・「やりいかのいかそうめん」だった。

by nonbe-cclass | 2006-03-04 22:50 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 伊丹のインド料理「シャンティ」 ロハスという概念 >>