タイのカップラーメン

何故か、わが家にはタイのカップラーメンがある
プーケット行ったときにも買ったし、ハワイでも何故かわざわざ探して買ってきた。

プーケットタウンのスーパーに行ったときから思っていたが、タイのスープ、雑炊やカップラーメンなどには何故かフォークやスプーンがついている。クノールの製品なんかは、金属製の大きなスプーンついてるし・・・
はじめ、「え?これキャンペーンでついてるの?にしちゃあ地味だなあ」と思ったくらいだ。

全てのカップラーメンというわけではないが、タイ産のカップラーメンの特徴は「蓋付きフォーク付き」だ。
今、家にあるタイのファッションフード社のカップラーメンもこのタイプだ。「トム・ヤム フレーバー」「トム・ヤム タライフレーバー」の2種類ある。

夜、小腹が空いたので、一つ空けた。
中に上蓋をあけるとプラスチックのフォークが入っているが、あとは日本と同じく乾麺やかやく等パーツごとに包装されている。

買った種類がいずれも「トム・ヤム」なので、まあ、簡単に表現すると「すい~」感じだ。ホントに酸っぱい。加えて、タライの方はかなり辛い
そ、「すい~」くて「うわ辛っ!」のラーメンだ。

確かに独特の風味はするが、日本人の口には合うんじゃないかなあとは個人的には思う。

・・・が、寝る間際の夜食にはオススメできない。
この後、また辛いのすい~のでビールを飲んでしまうことになる。

by nonbe-cclass | 2006-02-26 23:12 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< CMの撮影現場 閉店間際でも美味しい饂飩を >>