よい桟になれば

正直、C級呑兵衛でも辛い酒というのはある。

「辛い」にもパターンがある。「呑みすぎて辛い」場合はどうしようもないが、仕事のつきあいで呑まざるをえない場合もある。
でも、それはまだ全然ライトな話で、今日は少し趣のちがう辛い酒だった。

明らかに自分たちの会社側に問題があり、でもそれを問題だと感じず、次々とポリシーをかえ取引先を右往左往させた挙句、「今回はご縁がなかったことで」と平然と言ってのける非情さ。その被害者とも言えるべき取引先と呑むことになった。

当事者同士、お互い辛いよね。ぐちは言いたくなくともいいたくなるさ。C級もこの取引先のプランを推していただけに。

いやあ、でもねえ。思ったよ。
ビジネスってね、やっぱり人対人なんだって。よくあるでしょ、仕事がいくらきつくても人間関係よければ続くなんて話。人を大切に出来ない人は、結果、人に泣くことになるんだろうなあ。「あ、この人の言うこと信用できない」と思われた瞬間から本音は語ってくれないし、今日みたいに担当者外である僕に話しがくるわけ。

C級はきっぱり、仕事抜きでも本音で話し合える人間関係のほうを重視したいな。

そんな堅い話を考えてしまうのも、このかしこまった店のせいかな
何だか、隠れ家的なお店で、今日みたいな話をする(って、このブログで書いているのってどうよ)には適したお店だ。

「桟(かけはし)」。

創作料理のお店だが、居酒屋というよりは割烹のイメージが強い。接待で使うには適したところかしら。
新鮮な魚貝をメインに、上品な創作料理が好感がもてる。造りもよく脂がのっている。鯛がかめばかむほど甘い!魚料理はとにかくおすすめだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:桟(かけはし)
場所:大阪市北区大淀南2-7-4
電話:06-6458-4488
営業:11:00~14:00(月~金のみ)、17:00~23:00 無休

by nonbe-cclass | 2006-02-15 23:00 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< バレンタイン?酒ですね ちょっと慌しかったけど・・・ >>