やっぱり辛いみたいね・・「スター・オブ・インディア」

「でも、食べれないことはないな」・・・

カレーを食べながらイニシャルT氏は明らかにそう口にした
辛いものが苦手なイニシャルT氏。開眼したのだろうか。

この間、ランチでインド料理を食べたところだが、驚くことにイニシャルT氏から「インド料理でもいいですよ」ときたのだ

何が驚いたって、辛いもの苦手な彼からの発言であったことよりも、先週木曜日に食ったとこじゃん!週が明けると食べたものリセットされるの?

そんなツッコミを心の中でしながら、インド料理好きは、「じゃあ、スター・オブ・インディアで」と阪急32番街を上がる。
ランチメニューはいくつかあるが、イニシャルT氏はC級と同じ1200円のランチを注文した。カレーが2種とカバブなどがついている。

このお店の有難いところは辛さが事前に選べるといところ。マイルド、ミディアム、ホットなんて。
イニシャルT氏はすかさず「マイルドで」

・・・ところが、それでも辛かったようだ。「おおっ、辛いぞ。ん?あ、辛」
何度も自問自答を繰り返しながら、確実に辛さを実感していたようだ。

しかし不思議。「でも美味い」のだそうだ。表面的な辛さだけで判断していないところが素晴らしい。
それが仕事にも活かせれば・・・

店は空いていたが、
客の中にターバン巻いた一行がいて、店員も普通にやりとりしているから、日本にいる気がしなかった。

この「スター・オブ・インディア」は絶対にオススメ。

by nonbe-cclass | 2006-02-07 21:43 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< いつものお店にて 本家C級系の立呑処「安兵衛」 >>