わが家の雑煮

正月は、わが家でも雑煮を食べることにしているが、この「雑煮」は地方によって入る食材や食べ方が異なる非常に興味深い代物だ。

わが家の場合だが、まず元旦は白味噌ベースと決まっている。
里芋、牛蒡、金時人参、雑煮大根がゴロゴロと入ったもの。画像がそうなのだが、ちょっと写真では分かりにくいし見場が地味だな・・・

そして、1月2日は醤油ベース
シンプルに水菜と餅の澄まし汁タイプだ。そもそも鍋でもサラダでも水菜が好きなので、白味噌と澄まし汁では後者の方が好みだ。

私の両親は、母親は大阪出身、父親は佐賀出身(とはいっても殆ど関西)なので、結果、それを継ぐような形で、わが家は上記のような食べ方・食材となっている。

聞くと、妻の実家では、日によって味噌ベースが変わることはなく、澄まし汁一本で、その代わり、水菜以外にも人参や鶏肉など他の食材が入っているそうだ。

皆さんの雑煮ポリシーを是非、お聞かせいただきたいものだ。

by nonbe-cclass | 2006-01-01 23:35 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by C級呑兵衛 at 2006-01-06 12:01 x
へ~具沢山ですね。焼あごのだしを使うというところが興味をそそられます。どんな風味なんだろう。

今日もある仕事場で雑煮の話になり、滋賀県出身の人は「白味噌にお餅のみ」だそうです。
どんな具を入れるかは、場所だけでなく家単位でもバラエティに富みそうですが、この人だけでなく何もいれずシンプルに餅だけというのもあるようです。

今年の正月は外出しっぱなしだったので、家では日本酒一升が平常どおりの量(焼酎、ビール)にプラスアルファされる程度でした。

これから新年会(忘年会が続いて新年会に持ち越した案件が・・・)もあるので、正月分取り戻します!

今年も頑張って渋い(?)沿線情報をお届けします!
Commented by komaru at 2006-01-04 16:56 x
私は福岡出身なのですが、お雑煮はすまし汁に丸餅です。特徴的なのは「焼きあご(とびうお)」のだしを使うことと「かつお菜」というほうれん草をちょっと大きくしたような菜っ葉を入れることです。そうそう、ブリの切り身も入れますよ。あとはカマボコかな。今年は実家に帰省しなかったので、食べ損ねましたが。場所によってお雑煮のバリエーションがいろいろあって面白いですよね。今年も盛大に飲んで、渋い沿線情報をいっぱいお届けください。楽しみにしています!

<< 今年は浦霞から 酒の肴の仕込み >>