少し文吾寿司で

もともと今日は飲みに行く予定が入っていたが、編集に時間がかかるとふんで来年に持ち越した。
結果、編集作業がいい時間までかかった。

飲み会は延期したし、家にはご飯いらないって言ったし・・・ということで、帰り石橋の文吾寿司に寄った。

最近、立ち呑みにしても文吾寿司にしても、立ち寄ろうかと思ったら意外と客が入っている
寒さからか、熱燗でも引っかけてから帰ろうなんて思っているのかもしれない。だから、そのまままっすぐ家に帰っていた。

なので、この文吾も久々といえば久々なのだ。
そういえば、このブログを見て「あ、これが文吾寿司、ここにあったのか」と石橋を散策した人もいるとか。
今度は、是非暖簾をくぐっていただきたい。

今日は、いつもの熱燗に、最初たこ酢をもらった。ほんのり甘い酢が美味いね~。酒がすすむ。
握りはひらめと海老と牡蠣。やっぱりひらめ美味いわ。この食感と甘味がたまらない。

隣のサラリーマンが地元有力者らしき人物と懇意らしく、それを自慢げに大将に話している。
でなければギャンブルの話。
「虎の威を借る狐」の話は可哀相で痛々しい。
懇意と思っているが片方向でないことを祈るばかりだ

by nonbe-cclass | 2005-12-27 23:37 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 久々のらんでん 映像制作の現場 >>