焼酎の呑み直し

会社の歓送迎会があった。
そもそも突発的な仕事のために1時間以上も出遅れてしまった。
「ん~状況的に、これからしらふで入り込むのは辛いなあ」と思いながら、心斎橋の駅を降りてから途中コンビニに立ち寄り、ビールを買って呑みながら会場入りした
そういうことをするC級でもあるのだ。

それにしても、
呑む人間サイドから言わせてもらうと、呑み放題のシステムの中で「空いたグラスと交換」というやつが一番たちが悪い
交換する間、客は飲み物がない状態になるのだ。呑兵衛だと言っているのに、目の前に酒のない手持ち無沙汰な状態ができてしまうのだ。これは具合が悪い。

記事を読んで一元的に判断されても困るので、ほとんど店の悪口は言わないことにしているが、今回の場所は最悪だった。心斎橋の「酒菜館」だ。
この呑み放題システムを導入していながら、交換して替りを持ってくるのに時間がかかりすぎる。5分などとかいうレベルではない。1時間で2~3杯程度しかありつけないとは一体どういう了見だ。

店が忙しいのを理由にするなら、全てが店の論理で成り立っている運営で客のことなど考えてやしない。飲み物だけでなく、食べ物もなっかなか出てこなかった。こんな店二度と行かない(というか記憶からなくなっちゃうと思うけど)。いや~今回は久々にムカつく店だった。

と、愚痴を言っても仕方がないので、これはやはり、呑み直し
歓送迎会終了後、イニシャルM、イニシャルNと3人でタクシーを飛ばし、お初天神通りの「晴屋」に入る。

充実した焼酎ラインナップ、酒も肴もリーズナブルでおすすめできる。
1Fは立ち飲みだが、2Fはカウンターバー、3Fにはテーブル席もあり、女性同士のお客も多い落ち着いた雰囲気のお店だ。

好きな麦焼酎「釈云麦」(じゃくうんばく)のロックを口に含ませながら、せせりを味わう。ん~さっきまでのムカツキ感がほぐれて、酔いが回り意識が朦朧としてきた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:晴屋 HARE.RU.YA 本店
場所:大阪市北区曽根崎2-7-14
電話:06-6311-4320
営業:17:00~24:00 無休

by nonbe-cclass | 2005-11-29 23:00 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< アートグレイス・ウェディングコースト こりゃまた探索しなきゃ >>