酒の量

会社の上司が健康診断の結果でこてんぱんだった複数のカテゴリにおいて異常が見受けられ、再検査でもあまり明るい兆しがあるとは考えにくい状況のようだ。

原因の一つかもしれない「酒の量」。会社帰りにそれほど呑みに行ってるとは思えなかったが、聞いてみると「家で結構呑む」ことが判明した。

ん~そうなのだ。この「酒を呑む」にも「外では呑むけど家では呑まない」タイプと、「家も大型居酒屋チェーン店並だ」という人といる。酒飲みが多い中で、以外と前者が多い。

私の場合は明らかに後者で、しかも妻も同業者なだけに、家での摂取量はそれなりだ。食費よりもアルコール費の伸びが村上ファンド好みだ。

よく、「家で呑むと量がふえるからアルコール度のきついウイスキーなどを少し飲んで寝る」ことで、自宅でのアルコール摂取量をコントロールしようとする人がいるが、自分の場合は無理だ。

ビールから他の種類にいっても、結局「あ~のど乾いた」と言って、トータル的には量を増やしてしまう傾向がある。
ビールだけにしても、例えば、「350ml3本」を「500ml3本」にしても量ではなく本数で呑んでしまうのだ。

幸い、これでも今のところ、健康診断で再検査にはひっかかっていない。
医者のお世話にはできるだけなりたくないので、C級が具合悪くなったら、B級にして適度な酒を呑むことになるのだろうか・・

by nonbe-cclass | 2005-11-08 23:38 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 久々じゃん!・・で一杯 島らっきょう >>