千鳥足だと・・

新梅田食堂街の中では老舗『味楽』は昭和24年創業だ。食堂街の中でもいい雰囲気を醸し出している店構えだ。

カウンター席について顔を上げると、「そんなにびっしり細かくお品書きを書くならもっと大きなホワイトボードにしなさいよ」と思うくらい、びっしりとメニューが書かれたボードが目に入る。じ~っとみていると絵が浮かんできそうだ

旬のものも色々と扱っているが、安いのが有難い。
こういう雰囲気のところでは、何故かサバ生ずし(880円←これ結構いい値段)が食べたくなる。
他で食べる生ずしよりも酢が利きすぎていないので、とてもあっさりと味わえる。美味い。
黒豆の枝豆(480円)あたりもお手軽一品にしては、味に香ばしさよく出てて良かった。

新梅田食堂街はトイレが店舗内に無くフロア内にあるため、いちいち出て行かなければならない。
一緒に行ったイニシャルTは、途中「絶好調な千鳥足」から「不安を感じる千鳥足」になって、トイレからなかなか戻ってこなかった。食堂街は一見迷路のようになってそうだが、そんなに複雑ではないのだが・・
2度目にトイレに立ったイニシャルTを気にかけて、店のお母さんは、「お店はここだよ~」と言わんばかりに、ずっと店から顔を出してイニシャルT待ってくれていた

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味楽
場所:大阪市北区角田町9-25(新梅田食道街)
電話:06-6313-4461
営業:17:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2005-11-01 09:23 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ミヤンマービール 石橋の「二度づけお断り」 >>