御主も悪よのう・・

C級呑兵衛としてはこういうのは性に合わないんですな。
というか、まだまだそんな年ではござらぬ。
嵐山桂川沿いの料亭にてのお座敷。懐石料理に舞妓はんと芸妓はんが、ちりとてちんと三味線に合わせ舞を披露するわけですな。

ところが、こちらとしては接待する側、辛いお酒ではないながらも、気を遣わない楽しいお酒というわけでもないから心情は複雑だ。

何だか、時代劇みたいで、越後屋と悪代官の密談交わされるシチュエーションみたい。「御主も悪よの~」「いやいや、お代官様にくらべれば」。

結局、この後、梅田に出て呑み直しをする・・これがC級たるゆえんですわな。

by nonbe-cclass | 2005-10-26 21:41 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10012477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaorin at 2005-10-28 17:05 x
はじめまして!
舞妓さんと芸妓さんに囲まれたお座敷だなんて、いいですねー。タイトルの意味がわかりました。でも、最後の文章に思わず笑ってしまいました。これからもC級呑兵衛さんののみっぷりを楽しみにしています。(^^)
Commented by C級呑兵衛 at 2005-10-29 03:37 x
こんにちは!
この後、しかも行ったお店が新梅田食堂街の居酒屋さんでした(笑)やっぱり、こっちの方が落ち着くなあ。年相応の飲み方ってありますからね。

<< 立ち呑み処「いしばし」 嵐山線 >>