石橋のラーメン「まるぜん」

1月15日、阪急石橋にラーメンのお店がオープン。
駅東側、もともと「金まる屋」があったところ、「まるぜん」だ。

e0173645_00030615.jpg

「金まる屋」からの居抜きで奥に厨房があり、店内はカウンターが4席、テーブル席が6人席1つ、4人席が3つ。
営業時間が28時までというのがすごいな…あと、石橋にはいくつかラーメンのお店があるんだけど、ここは、つけ麺があるというのも特徴だ。

麺類メニューは、まるぜんラーメン(750円)、チャーシューメ麺(950円)、つけ麺(850円)、中華そば(650円)の4種。あとはご飯ものの他に、餃子や唐揚げ、キムチなどの一品、アルコールもある。
ランチも営業(11:30~14:00)していて、麺類とご飯ものがセットになったものが3種あって、いずれも800円というのが嬉しい。

メニューをぱっとみた感じ、初来店だし「まるぜんラーメン」にいきそうになったが、お店の人にオススメも聞いてみて…つけ麺が良さそうだな。
じゃあ今回は、魚介系とんこつ つけ麺(850円)を太麺で。あと、あつもりで。

e0173645_00032825.jpg

つけ麺は、水でしめてツルンといただきたいところもあるが、とにかく寒かったので、ほかほかを食べたくって、あつもりでお願いした。
でもそれのおかげもあってか、喉越しのつるつる感をもたせながらも、もちもちというか、いい感じの粘りがクセになる食感。ウメー

e0173645_00035017.jpg

つけ汁は、鰹の削り節もきいた魚介系とんこつ。
麺に負けない濃厚さはありつつも、しつこくなくて、まろやかなんだよね。だから、そのままでも飲める。

e0173645_00035363.jpg

あ~いいボリュームだったし、美味しかったー
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:まるぜん
場所:池田市石橋2-1-8 イーストゲートビル2F
時間:11:30~28:00(麺売切次第終了)
電話:070-2324-1555

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-01-17 07:23 | 阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

年明け早々日帰り爆走 セントレア・伊勢

2017年1月1日元旦。
C級呑兵衛ファミリーは、8時半頃にはセントレア中部国際空港にいた。
夜が明けないうちに出発し、初日の出は、新名神高速を走りながら「え?山で見えたり見えへんかったり…」みたいな。
毎年、飛行機模型の福袋目当てを主軸にプチ旅みたいなことをしている。

寒いけど天気はいいや。
時間が早いから、国際線の旅客機も多く駐機しているな。

e0173645_18283915.jpg

「!」

あんまり、飛行機を見るつもりで来ていなかったので、
まったくのノーマークだった。
アントノフがおるやないか!で、でかい。

e0173645_18285386.jpg

アントノフ An-124ルスラーン
だ。民間輸送機としては世界最大なんだよね。
旧ソビエト連邦のアントノフ設計局、現在は、ウクライナの国営兵器輸出企業ウクロボロンプロム配下にある。
このアントノフを使って、セントレアへの輸送に使っている航空会社は、ロシアのヴォルガ・ドニエプル航空だ。

もー何がって、やっぱり主翼が胴体の上からドーンなのが軍用機な感じだよね。ここに、B747ジャンボなどに同じく、4発のエンジンをもっている。
重たすぎるのか分からないけど、胴体真ん中下の車輪のつき方が独特…戦車みたい、タイヤ何個あんねん(笑)

これだけでも、元旦早々からテンションが上がりきっているのに、
ボーイングはボーイングで、B787の飛行試験初号機ZA001、N787BAがおるやんか。雑誌とかでよく見るこのボーイングな塗装、間近で初めて見た。

e0173645_18290295.jpg

Jr.はお目当て&1点物の福袋までGETできたことだし、午後からは場所を移すとするか。…今回は、伊勢神宮に決めた。人多いかなぁ。

伊勢市まで行かずに、途中の駅で車を止めて電車で移動した方がいいかな、と試みたんだけど、向かった駅がマニアックすぎて駅周辺に一切駐車場がなかった…もうええか、現地に突っ込もう。
セントレアは11時を回ってから移動をしたんだけど、13時半くらいには現地入り。
駐車場で撃沈するかと思ったけど、臨時駐車場に比較的すんなり入れて、14時には伊勢神宮(内宮)に。

e0173645_18291472.jpg

激混みを覚悟していたんだけど、確かに、飲食店が多くならぶおはらい町はなかなかの人混みだったが、神宮境内は、押すな押すなみたいなことはまったくなかった。ここに来ると、この清々しい気分に心が引き締まる。

e0173645_18291766.jpg

正宮・皇大神宮までやってきた。
写真は、この階段下まで。階段に足をかけたら、そこからは撮影禁止だ。
順番を待って、参拝はド正面に。二拝二拍手一拝で、「今年もよろしくお願いしますー」としてきたぞ。

e0173645_18291960.jpg

参拝を終えて、もと来た道を戻るんだけど、
おはらい町が、相変わらず人でごった返している。んーこういうところに来ると、何かとつままないと気が済まないよな…

e0173645_18334691.jpg

とりあえず、腹が減ったままで参拝をしたので、おかげ横丁の中にある「ふくすけ」に入る。伊勢うどんのお店だ。
がっつりテーブル席についてではなく、ちょいと腰を掛けてささっとうどんをすする感じが昔ながらな感じでいいですな。
発注すると木札をもらって、腰をかけて待つことしばし…

e0173645_18345795.jpg
e0173645_18345940.jpg

番号呼ばれて、「はーい、こっちこっちー」
「あっつあつ」というより、「ほっかほか」という表現が似合う伊勢うどんがやってきた。青ネギだけがトッピングされたシンプルなビジュアル。かけうどんのようなだしがナミナミ入っているというのではなく、タレがかかっているという方が近い。この太ーい麺も伊勢うどんの特徴ですな。

e0173645_18350464.jpg

ふくすけの伊勢うどんは、タレの色が濃いんだけど、これ、たまり醤油使っているからだね。ただ、びっくりするほどまろやかでさっぱりいける。醤油のコクを活かしながらも、利尻昆布や鰹節でええ塩梅のダシをきかせてるわけ。辛そうに…どころか、旨みや甘味があるぞ。
この太麺…1時間近くは茹でるというけど、ふわっふわな表面に、中はもちっとした食感が楽しい。コシのある讃岐うどんもいいし、伊勢うどんのようなふわもちうどんもいいね。

エンジンかかったところで、続けて、「お伊勢屋本舗」の福まん(350円)を。

e0173645_18360755.jpg
e0173645_18361093.jpg

松坂牛しぐれが饅頭の中に入っている。肉の旨味と甘みがすごいな…
とろっとした質感もグー

e0173645_18361369.jpg

Jr.はJr.で暴走してて、「松次郎の舗」ではちみつポテト(450円)をゲット。
大学いもな感じではあるんだけど、はちみつの力なのか、優しい甘さで全然飽きが来ない…このポテトのしっとり感もたまらんな。

e0173645_18362786.jpg
e0173645_18362942.jpg

それに、すぐに違う店に入って…
「五十鈴川ベーカリー」で、むかしのアゲパン(200円)。まあ、わかるよ。ほかのお客さんもこのビジュアル見ると美味そうって口々に言ってるし。ふわふわで甘くて…Jr.絶賛。

e0173645_18364295.jpg
e0173645_18365872.jpg

あー色々つまんだなぁ、もう。
そろそろ帰ろうかと駐車場に向かう…おはらい町を出るところに、関所のように「赤福本店」があるんだよな。普段はすんごい並んでるんだけど、この時はたまたまそうでもなかったんだよね。で、引き込まれるように店の中へ。

e0173645_18371072.jpg

C級呑兵衛は、あまり甘いものを食べることがない(食べる時は食べるけど)ので、赤福餅も土産で買ったりすることもないんだよなぁ。
この本店では、赤福と一緒に、かまどで沸かせる茶が出るんだけど、これが美味いんだよね。この組み合わせなら食べようと思って、いつも立ち寄ってしまう。

e0173645_18371493.jpg

赤福餅 盆
(2個210円)。
わざわざ説明の必要もいらないかな、伊勢の名物「赤福」、餡がそれほど甘ったるくないので、2つくらいぺろっと食べてしまうぞ。

e0173645_18375732.jpg

さ、帰ろ帰ろ。
年明け早々何しとんねん。

伊勢にお出かけの際はぜひ~
年明け早々日帰り爆走 セントレア・伊勢、完。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-01-15 23:55 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

岡町のおでん「しあわせ おでん処 正心亭」

毎日寒いね~
おでんの季節だね~

居酒屋の定番アイテムとして、おでんはよく食べるけど、
例えば、大阪で有名な「たこ梅」「花くじら」「常夜燈」など、
おでんを専門に扱うお店って、考えてみると近所になかなか無いよなぁ…

そんな中、阪急岡町に昨年オープンしているおでん専門店を覗いてみることに。
「しあわせ おでん処 正心亭」だ。岡町・桜塚商店街の中にある。

e0173645_07440970.jpg

L字カウンターで10席。
和のシンプルな内装が逆にそう感じさせるのか、おでんを味わうための雰囲気が醸し出されてますな。

e0173645_09094847.jpg

メニューは、箸休め的なものが気持ち程度、あとはもちろんおでんだ。

今日は冷え込むので、最初は酒を温めて飲むとするか…
栃木は宇都宮酒造「四季桜」をぬる燗で。ぬる燗でも、どっしりした安定感をキープしつつ口当たりがふくよか。そこに後を追ってキレの良さを感じる。

e0173645_09154934.jpg

おでんは…大根、蒟蒻に牡蠣を。
どっしりしたおでん鉢に盛り付けられ出てきたぞ。く~この大根の色すごいね、飴色だわ。

e0173645_07464890.jpg

だしの色が濃いので、関東煮なのかなと思ってご主人に聞いたところ、そうではないんだって。醤油の色ではなく、炊き込んでいくことによってこの色になるそうな。おでんというと、多くは弱火・凪状態で煮ているけど、この店では、確かにボコボコと煮立っている。こまめに火加減とだしの味を確認しているんだね。これを大阪炊きというんだって。

あー、だしがめちゃくちゃ美味しいなぁ。見た目と全然違うぞ。
鰹がさりげなくきいているけど、優しくまろやかでだしだけ飲めるわ。
大根がほろほろとほぐれてウメー、牡蠣もええ塩梅やわぁ。
おでんには、からしとゆず胡椒が用意されるのでお好みで。

ご主人は、有難いことにC級呑兵衛のことを知っていたので、お店に入った時に「お待ちしておりました」なんて声をかけていただく。そこまでで十分なのに、「来ていただいたので」と、豚軟骨をいただくことに(その分、しっかりお店紹介せなあかんがな笑)。
おいおいおい、めっさ柔らかい…
柔らかい軟骨というのはよく出会うけど、軟骨部分のとろけ具合がゼラチン質な感じじゃないんだよね。クリーミーというのかな、濃厚なチーズが攻めてきた感じだ。お肉部分は、これまた野性味のある肉肉さがたまらん。

e0173645_07465765.jpg

鍋をするとき、葉物って白菜を使うことが多いけど、レタスって美味いんだよね。火を通しても、シャキシャキ感があるし。
このお店では、おでん種として採用~、レタス(300円)。サニーレタスなんだけど、他のレタスでも試してみたところ、酒の肴には少し苦味が出た方が良かったそうでこれが使われている。確かに「味がある」というのか優しい苦味があるね、あっさりしすぎないのがいいな。

e0173645_07470638.jpg

お酒をおかわりしようとしたところ、
飲み比べをさせてもらえることに。
「四季桜」冬 特別純米生酒と、「四季桜」冬の華 にごり生酒だ。
なるほど、「四季桜」らしい安定したどっしり味わいはどちらにもあるんだけど、特別純米生酒のあっさり感と比較すると、にごり生酒の方が、酸がいいアクセントになって美味いなぁ。

e0173645_07472666.jpg
e0173645_07472436.jpg

ねぎ好きにはたまらんな、ねぎ袋(350円)。
揚げの中に青ねぎがたっぷりと入り、生姜でアクセントをつけている。
ねぎを切らずにしなっと炊くパターンもあるだろうけど、ねぎ好きとしては刻むことで、ワシワシ食べてる感があるのが嬉しいのよね。

e0173645_07474316.jpg

冷で、「四季桜 今井昌平」純米大吟醸 無濾過原酒(880円)を。
華やかな甘味がふわっとくるので「あれ、甘口かしら」と思った瞬間に、ひりりが追いかけてくる辛口の酒。米は五百万石を使っているんだけど、米の香りがしっかり感じられる美味い酒。

e0173645_07475399.jpg

最後…シメに、あと麺(300円)というのをいただこうかしら。
おでん食べてて、「このだしでうどん食べたいなー」って思ってたんだよね。
おでん鍋に、てぼをかけ麺を入れる。
おでん種の感じで出されるうどんが、なんか嬉しい。
麺は細うどんと書いてあるんだけど、喉ごしのいい平麺だ。

e0173645_10490082.jpg

いやー身体も温まり、美味しいおでんをいただきましたな。
「たこ梅」から独立し、いいものは取り入れながらも、ご主人のこだわりが光る新しいおでんが楽しめるよん。
また行こー
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:しあわせおでん処 正心亭
場所:豊中市中桜塚1-8-4
時間:16:30~23:00(L.O.22:30) 火休(たまに不定休あり)
電話:06-7508-2591

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-01-14 12:28 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)